実はラゲッジスペースが狭かった! 後悔しない中古SUV購入の注意点とは (1/2ページ)

実はラゲッジスペースが狭かった! 後悔しない中古SUV購入の注意点とは

この記事をまとめると

  • SUVといえばラゲッジ容量があると思いきや、じつは全車にあてはまるわけではない
  • 見た目は広そうだがじつは狭いモデルもある
  • アウトドアにはおすすめしにくいSUVを紹介

ルックス重視で購入すると意外と荷物が積めないSUV

  SUVと言えば、アウトドアや荒野を目指すグランドツアラー的キャラクターの持ち主であり、ゆえにホテルライフとは違い、荷物も増えるというものだ。しかし、過去にはボディサイズから想像するよりちょっと狭めのラゲッジルームを持つクルマもあった。これから中古車のSUVを選ぶ際、そのあたりをしっかり把握し、実際に自身の荷物の積載に適しているかを確認してから購入すべきである。

日産ジューク

 まずは今はなき日産のジューク。デザイナーズカーと呼べるスタイリッシュさと引き換えに、クーペライクなボディゆえ、ラゲッジルームの広さにはあまり期待できない1台だ。そもそもジュークは全長4135×全幅1765×全高1565mm、ホイールベース2530mmと車幅は広めだが、短いボディの持ち主。

【関連記事】スズキ「エブリイ」が本格オフロードキャンパーに変身! シャコアゲ×顔面スワップの中身とは

日産ジューク画像はこちら

 扱いやすさや走りやすさでは文句なしなのだが、やはりラゲッジルームは広くない。具体的には奥行き670mm、実用幅970mm、高さ680mmと、2010年当時のライバルである三菱RVRの同820mm、990mm、820mmに対して勝ち目はない。だが、後席を格納すればフラットな拡大ラゲッジスペースが出現。デザイン性や後席格納時のラゲッジルームの使い勝手に注目して購入すべき中古SUVと言っていい。

トヨタ・イスト

  コンパクトSUVのなかには、ボディサイズから想像できないほどラゲッジルームが広い車種がある。その一方で、まったく見た目通りの広さしかないクルマもある。ヴィッツベースの初代トヨタ・イストがまさにそうした1台と言っていいだろう。アウトドアでは使い勝手が悪いクルマ画像はこちら

 コンパクトクロスオーバーモデルのハシリのような1台で、その後、世界のコンパクトクロスオーバーモデルに影響を与えたとされるが、後席使用時のラゲッジスペースは幅1000mmと、幅方向は問題なし。しかし、荷物の積載力にかかわる奥行きは600mmと最小限となる。よほどこのクルマに思い入れがない限り、アウトドアで使用するにはあまりお勧めできない中古車である。

画像ギャラリー