なぜトヨタ「GR86」を元ロータリー使いが購入? 輸入車ディーラーマンが国産車にこだわる理由とは (1/2ページ)

なぜトヨタ「GR86」を元ロータリー使いが購入? 輸入車ディーラーマンが国産車にこだわる理由とは

この記事をまとめると

  • 元ロータリー乗りのGR86カーライフ
  • GR86までのこだわりの愛車遍歴を振り返る
  • 輸入車のプロから見たGR86の不満点とは

輸入車のプロが送る国産スポーツカーライフ

 長年、正規輸入車ディーラーに勤め、現在はサービスフロントを担当しているAさんは、2021年10月に1度も試乗することなく「GR86」の購入を決断し、2022年2月に納車された。これまでスポーツカーを中心に数々の愛車を所有してきたがAさんだが、なぜGR86(RZ・6速MT)を購入したのかをうかがった。

 まずAさんがGR86の前に所有していたクルマはマツダ「RX-8」であった。グレードはタイプS(6速MT車)で、2003年4月の発売直後に即購入。マツダスピードのフルエアロこそ組んではいたが、それ以外はほぼノーマル。それから17年、走行距離12万kmを相棒として付き合ってきた。その間、何度か買い替えを検討するも、結局欲しいクルマが見つからず。驚くことにエンジンを1度もオーバーホールすることなく、17年間乗り続けた。

【関連記事】キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

GR86とRX-8画像はこちら

次なる愛車にGR86を見初めた理由とは

 そんななかでGR86を購入した理由は、「(RX-8の車検に)50~60万円かければ乗り続けることができますが、それだけのコストをかけても次の車検でもっとお金がかかるかもしれないと思い、家族と話し合いながら今後のコスパも考えてGR86の新車購入に落ち着きました」

 もちろんほかの車種も検討したが、デザインが気に入らなかったり、走りが納得できず……と迷っていたなかで、GR86の新車発表があった。早速、2021年10月にオーダーを入れて2022年2月末の納車となったのは前述のとおりだ。納車からすでに4カ月経つが、通勤で使用しながらも現在の走行距離は2500km程度。そのため、性能を満喫できたわけではないが、非常に満足しているという。

レシプロに浮気するもその後はロータリーライフを堪能

 Aさんの愛車履歴を振り返ると、アウトビアンキ「A112アバルト」から始まり、その後AE86型「スプリンタートレノ(後期型)」に出会い、走りの楽しさを追求。サスペンションやLSDなどのチューニングを施し、さらにモアパワーを求めてFC3S型「RX-7」のGT-Xに買い替える。このFC3Sには、300万円を超えるチューニング費用をつぎ込み、強化クラッチやタービン、インタークーラーやバケットシートなど、自分好みのカスタムを追求。公認車検も取得して愛車との蜜月時代を送っていた。つまりAさんは走り屋だったのだ。

  そんな折、結婚を機に奥さんが「サイバーCR-X」のMT車を所有していたことから、FC3Sから「アコードワゴン」に買い替え。その後、2台持ちから1台に減車するためにBG5型「レガシィツーリングワゴンGT-B」に乗り替えた。奥さまもMT車に慣れ親しんでいたことから、5速MT車を購入する。

 しかし4WDを必要としてなかったことから、2.2L DOHC VTEC搭載の「アコードワゴンSiR」に買い替えるも、ターボ車のパワーを知ってしまった身体では満足できず……。結局ターボのMT車が欲しくなりFD3S型RX-7の4型を購入し、ロータリーに回帰する。ちなみにアルミホイールとECU以外はほぼノーマルのまま、7年間をともに過ごしたそうだ。そんなAさんにとって、クルマの絶対条件はMTのFR車だったわけで、幸い家族用のクルマとしてコンパクトミニバンとの2台体制が整っていたこともあり、FD3Sでの通勤生活を7年間堪能することになる。

ロータリー乗りがGR86を選んだ理由とは

 あらためてRX-8からGR86を選んだ理由を聞いた。理由はまずスタイリングだったそうだ。GR86は2ドアクーペのスポーツカーとしてカッコいいフォルムであったこともあり、さらにフロントまわりが先代と比べて洗練されたことがポイントになったそうだ。AE86からFC3S→FD3S→RX-8と、国産スポーツカーを乗り継いてきたAさんにとって、外観は妥協できない。

 そしてFRのMT車であることに加え、後席があることも加点ポイント。ただ残念だったのは、RX-8は観音開きドアゆえにフロントドアの長さが短いことから、ドアの開閉に気を遣う場面は少なかった。しかしGR86は2ドアクーペらしくドアが長いため、そこが難点だという。

【関連記事】キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

GR86 RZグレードのリヤスタイル画像はこちら

 また、GR86用には豊富なカスタマイズパーツがリリースされているが、それでもチューニングやカスタマイズする予定はないそうだ。ただ、「サイドスカートがもっと後部まで伸びていればカッコいいのに……」と、カナード風のサイドスカートの跳ね上げ形状のデザインはお気に召していない様子。「あえて付けるならトムスのフロントディフューザーが気になりますね」とも。

画像ギャラリー