30万円から狙えるアルファ ロメオ「ミト」&「ジュリエッタ」がいまエンスーにオススメ! 中古車購入ポイントとは (1/2ページ)

30万円から狙えるアルファ ロメオ「ミト」&「ジュリエッタ」がいまエンスーにオススメ! 中古車購入ポイントとは

この記事をまとめると

  • アルファ ロメオのハッチバック車「ミト」&「ジュリエッタ」
  • 庶民でも頑張れば手が届く価格で人気を博した
  • 中古車市場がいま狙い目となっている

中古車市場にはコンディションの良い格安車がゴロゴロ

 新世代のアルファ ロメオとして登場したミトとジュリエッタは、それ以前のモデルよりも各部の信頼性が高く、数多くのファンがニューカーをゲットした。そのため、現在もミトとジュリエッタのユーズドカーがイタリアン中古車市場を活気のある状態にしてくれている。走りが良いのでサーキット走行を経験していた個体もあるが、オシャレなお買い物カーとしてマイルドに使われていたクルマも多く、そういうミト&ジュリエッタのユーズドカーはコンディション良好だ。

 しかし、である。世間一般的にはマイナーな存在であるがゆえに値落ち率がハンパなく、中古車情報サイトでミト&ジュリエッタのプライスを見て驚いた。ミトは走行距離が10万km前後だと30万円程度、後発モデルであるジュリエッタは走行距離が15万kmオーバーだと30万円程度という低価格で流通しているのだ。その一方、ミトの低走行車は250万円前後、ジュリエッタの低走行車は450万円前後で販売されている。タマ数豊富でユーズド価格の幅が広いので、予算に応じた充実のショッピングを実践できるのである。

アルファロメオ・ミトのフロントビュー

コンパクトな3ドア・ハッチ「ミト」

 熱心なアルファ ロメオ好きの間でデビュー前の段階から「ジュニアやベイビーアルファの名で登場するのでは?」と何かと話題になっていたミトは、2008年3月14日に発表され、日本では2009年5月16日から販売された。アルファ ロメオの本拠地があるミラノと、生産地であるトリノの頭文字をとってミト(MiTo/イタリア語でミトは神話・伝説を意味する)と名づけられたこのコンパクトモデルは、デビュー時の寸法が全長×全幅×全高=4070×1720×1475mmで、アルファ147よりも全長が短く、全幅は狭くなっていた。

 当初、日本に導入されたのは排気量1.4Lの直列4気筒DOHC 16バルブターボエンジン/最高出力155psを搭載する「1.4ターボスポーツ」の1グレードのみで、トランスミッションは6速MT仕様だけだった。シンプルなグレード設定だったが、嬉しいことにセンターコンソールのシフトノブ前方にあるスライド式スイッチを操作することでモード選択が可能となる「アルファ ロメオD.N.A.」システムを搭載。

「D」はダイナミックで、ターボ過給圧にオーバーブースト機能が働き、エンジントルクがノーマルの20.5kg-mから23.5kg-mに増大するとともに、電動パワーステアリングのアシスト量を減らし、よりダイレクトなステアリングフィールを味わえた。「N」はノーマル、「A」はオールウェザーモードで、滑りやすい路面などでのドライビングに効果的だった。

 2009年8月にはコルサイエローを採用した150台限定の特別仕様車「イモラリミテッドエディション」が登場し、2010年3月にはAT仕様の「スプリント」と「コンペティツィオーネ」が追加。同年7月に最高出力170psとなった最上級モデル「クアドリフォリオ・ヴェルデ」が登場している。その後いくつもの特別仕様車が発売され、2017年2月にマイナーチェンジされたが2018年10月に生産終了となり、以来、アルファ ロメオの3ドア・ハッチバック車は登場していない。

アルファロメオ・ミトのリヤビュー

画像ギャラリー