ついに福岡に「キッザニア」が誕生! 三菱自動車の「運転シミュレーション」「カーデザイン体験」に注目

ついに福岡に「キッザニア」が誕生! 三菱自動車の「運転シミュレーション」「カーデザイン体験」に注目

この記事をまとめると

  • 日本で3施設目となるキッザニア福岡が新規オープン
  • 三菱自動車が職業体験できるパビリオンを出展
  • 電動車の運転体験やカーデザインが疑似体験できる

三菱自動車がパビリオンを出展するキッザニア福岡が新規オープン! 

 3歳〜15歳の子どもたちを対象にした、屋内型の職業・社会体験施設「キッザニア福岡」が、2022年7月31日にオープンした。これまでにキッザニア東京(江東区豊洲)とキッザニア甲子園(兵庫県西宮市)が開業しており、キッザニア福岡は日本で3つめの施設となる。キッザニアの発祥は、1999年にメキシコ(サンタ・フェ)でオープンしたのを皮切りに、世界各地で屋内型の職業・社会体験施設を展開。子どもたちを取り巻く環境を踏まえながら、さまざまな社会体験を通じて、生きる力を育むこと(エデュテインメント)をコンセプトにしている。

電動車の運転シミュレーションやカーデザインの職業体験が楽しめる

 三菱自動車はキッザニアが掲げるコンセプトに賛同し、キッザニア福岡では、運転免許試験場やカーデザインスタジオというふたつのアクティビティを提供。運転免許試験場では、ドライビングシミュレーターを使った三菱自動車の電動車の運転を疑似体験でき、交通ルールや運転マナーを身に付けるアクティビティとなっている。また、世界のキッザニアで使用できる子どもの写真入り運転免許証も取得することが可能だ。

 カーデザインスタジオでは、専用のタッチディスプレイを使用して自動車の外装パーツやボディカラーなどをカスタムすることで、自分だけのオリジナルカーをデザイン。さらに32インチの「ルッキンググラス」を採用することで、3Dメガネを用いることなく、肉眼で3D映像を見ながら子どもたちが製作したオリジナルカーのプレゼンテーションまで行うことができる。

【関連記事】発表間近!! ホンダ新型「ZR-V」開発者の言葉から読み解く「新たなパッケージング」とは

三菱自動車パビリオンのカーデザインスタジオ疑似体験画像はこちら

 また、デザインしたオリジナルカーが表紙に印刷された世界にひとつだけのカタログの作成を行うことができ、自動車を運転することの楽しさ、自動車の製造に携わる喜びを体験できるアクティビティを通じて、将来のモビリティ社会を担っていく子どもたちの育成を支援する。

 なお、三菱自動車パビリオンの詳細やキッザニアの各拠点に関する情報は、以下のウェブサイト(https://www.mitsubishi-motors.com/jp/sustainability/contribution/people/kidzania.html)から確認することができる。そのほか、三菱自動車のSDGsへの取り組みや商品などについても紹介しているので、子どもと一緒にウェブページをチェックしてぜひ1度遊びに行ってほしい。

■キッザニア福岡
○住所:福岡県福岡市博多区那珂6-23-1(三井ショッピングパーク ららぽーと福岡内)
○ホームページ:https://www.kidzania.jp/fukuoka/

画像ギャラリー