「並行輸入車」は大丈夫? 購入前と注意点と購入後の覚悟とは? オーナーだけが知る自己満の世界 (2/2ページ)

ナンバーを取得できてもメンテナンスで苦労する可能性も

 また無事に登録ができたとしても、その後のメンテナンスは日本にディーラーがあるメーカーであっても、そのディーラーで面倒を見てもらえる可能性は低く、日本未導入のメーカーであれば、頼みのディーラーすらないという状況になる。

【関連記事】可愛さマシマシのフィアット「500」登場! 1/64スケールの「KYOSHO MINI CAR & BOOK」第12弾に注目です

アキュラインテグラ画像はこちら

 もちろん部品に関しても、ディーラーで気軽に注文することは難しい(一部部品は国内仕様と共通の場合もあるが、それも調べる必要がある)し、海外からの取り寄せではかなりの時間がかかる恐れもある。

 そのため、ある程度信頼して任せることができる整備工場か、自らの整備の腕に自信がないと、維持していくだけでもかなりハードルが上がってしまう点も注意したい。

専門店に相談して購入するのが一番安心だ

 いろいろなハードルがあることは承知の上。それでも人とは違う並行輸入車を手に入れたいと思うのは、クルマ好きとしては十分に理解できる。クルマ趣味上級者は懇意の整備工場などのルートがあるので、割と並行輸入車購入のハードルは低いかもしれない。しかし、初めて並行輸入車を購入する場合は、並行輸入車を得意とする専門店で探すのがもっとも安心だろう。ただし、部品や整備の面では、正規販売車両よりも苦労することが多いことも肝に銘じておこう。