ピックアップトラックは北米や東南アジアでバカ売れ! それなのに日本で販売されない理由とは (1/2ページ)

ピックアップトラックは北米や東南アジアでバカ売れ! それなのに日本で販売されない理由とは

ジープからグラディエーターが日本上陸!

 ここ数年「ジープ・ラングラー」が新車販売台数の記録を更新し続け、日本での認知度は急上昇中だ。そして2022年からはジープのピックアップモデルとして誕生した「グラディエーター」が日本国内での販売を開始し、ピックアップトラックがブームになりそうな予感が漂っている(あくまでも予感……)。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」とホンダ「フリード+」を徹底比較! アウトドアでの使い勝手を検証しました

ジープ・グラディエーター画像はこちら

ハイラックス以外はピックアップが根付かなかった日本

 これまでにも数多くの乗用ピックアップモデルが生まれては消えて行った日本では、「ピックアップトラックは売れない」というのが定説であり、例外としては商用車として人気を博したサニトラ、ダットラ、軽トラック以外が定着することはなかった。現在はトヨタ・ハイラックスが唯一の存在であり、タイで生産されていた三菱トライトンが日本国内でも販売されたが現在は姿を消している。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」とホンダ「フリード+」を徹底比較! アウトドアでの使い勝手を検証しました

トヨタ・ハイラックス画像はこちら

 輸入車としてはピックアップトラック王国であるアメリカから多くのモデルが輸入され、1990年代にはシボレーC1500が人気を博し、2000年代にはダッジ・ラムやフォードF150などが日本国内へと持ち込まれ、アメ車ブームに華を添えた。最近では北米仕様のトヨタ・タンドラや日産タイタンなどの逆輸入車が少数ながらも並行輸入され、一部のピックアップトラックファンを喜ばせている。

フォードF150画像はこちら

アメリカと東南アジアでは趣味車としても大人気

 アメリカでは古き良き時代から、ピックアップトラックは商用目的とし活用されて来た歴史を持つ。最近ではSUVのカテゴリーとしても認知され、トレーラーハウスやボートを牽引する趣味のクルマとしても人気が高い。さらにアメリカでは「NASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ」としてピックアップトラックのストックカーによるレースも行われ、数多くの観客を集めるビッグイベントとして成立している。また、アメリカだけでなく東南アジアでもピックアップトラックの人気は高く、若者たちが乗りたいクルマの代名詞になっているのも事実である。

NASCARではピックアップトラックのカテゴリーが存在画像はこちら