「カウンタック」みたいな三輪スーパーカー「ボンド・バグ」とは? 英国生まれのマジメな珍車の正体 (1/2ページ)

「カウンタック」みたいな三輪スーパーカー「ボンド・バグ」とは? 英国生まれのマジメな珍車の正体

1970年にデビューした「未来的」デザインの三輪自動車

 戦前から1960年代ごろまでは、わが国でもごく一般的な存在だったオート三輪。自動車の一形態としての三輪車は、もともと決して特殊な存在ではなく、18世紀後半に作られたキュニョーの蒸気自動車や、ベンツが1886年に製造したパテント・モトールヴァーゲンなど、ごく初期の自動車にもよくみられた形態ではある。しかし、そのお国柄によって「三輪自動車」の進化の過程はじつに多彩。今回ご紹介するのは、いかにも「英国」らしい、スーパーカー風の三輪車、「ボンド・バグ」だ。

イギリスでは三輪自動車が優遇税制で独自に進化

 日本で「オート三輪」といえば、ほとんどの人が思い浮かべるのがトラックであろう。欧米に比べひと足遅れて自動車産業がスタートしたわが国において、オートバイの後ろ半分をリヤカーのような荷台とした軽便なオート三輪トラックは、4輪トラックの不足を補いつつ、物流の機械化に大きく貢献した。戦後も1960年代まではマツダ(当時は東洋工業)やダイハツといった大手のほか、多くのメーカーがオート三輪市場で覇を競ったが、やがて時代の進化とともにそれらは4輪トラック/軽4輪トラックに取って代わられていった。

 最初から乗用車として開発されたダイハツBeeやフジキャビンなどのごく一部の例外を除いては、トラック/バンなどの商用車に限定されたわが国のオート三輪であったが、同じ三輪車でも海の向こう、イギリスあたりではだいぶ事情が異なる。

【関連記事】総数72台の歴代「ジープ」が集結! 「ウィリス」から「ラングラー」までそろった「ジープジャンボリー」のアウトドアな1日とは

イギリスの三輪自動車「ボンド・バグ」画像はこちら

 もともとイギリスでオート三輪は「側車付きのオートバイ(=サイドカー)」扱いで、たとえクルマの形をしていても免許や税制上の優遇措置が取られていた。となれば、エンジン付きの乗り物全般なんでも素材にして遊び倒すイギリス人のこと、軽便な乗用車・商用車という、オート三輪本来の趣旨とはいささか異なる「税金の安い趣味のノリモノ」が次々に生まれるのは必定であろう。

 2輪と4輪の中間のユニークなスポーツカーとして戦前に生まれ、昨今その復刻版が話題となったモーガン・スリーホイーラーなどはその最たる例だろうが、1970年に生まれたこのボンド・バグもかなりの個性派だ。今回はスイスのミニカー・ブランド、DNAコレクティブルの1/18ミニカーを肴にご紹介しよう。