新型「カウンタック」が走った! 40台以上のランボルギーニが集結したラグジュアリーなドライビングツアーとは (1/2ページ)

新型「カウンタック」が走った! 40台以上のランボルギーニが集結したラグジュアリーなドライビングツアーとは

信州のワインディングをファイティングブルが駆け抜ける!

 ランボルギーニのオーナーたちが、美しいロケーションを愛車で巡るドライビングツアー「Lamborghini GIRO Japan 2022(ランボルギーニ ジロ ジャパン2022)」。国内で5回目の開催となる今回は、登場したばかりの「カウンタック LPI800-4」をはじめとする40台以上のランボルギーニが、緑美しい7月の信州を巡った。

カウンタックLPI800-4をはじめ40台以上が集結

 2022年7月15日〜17日の3日間にわたり、ランボルギーニのオーナーが美しいロケーションを愛車で巡るドライビングツアー「Lamborghini GIRO Japan 2022」が、信州を舞台に開催された。

 イタリアをはじめ世界各国で開催されているこのドライビングツアー、日本では2017年に初めて開催、昨年末の九州に続き5回目となる。今回も40台以上のランボルギーニが参加し、緑美しい初夏の信州を巡った。

【関連記事】ドイツ最大級の日本車オフ会を現地レポ! 「コスプレ」に「メイドカフェ」「痛車」とクールジャパンな「アジアアレーナ」の熱気とは

ランボルギーニ・ジロ・ジャパン2022

 参加した車両は、最新ハイパフォーマンスモデルの「ウラカンSTO」や「アヴェンタドールSVJ」のほか、スーパーSUVの「ウルス」、「ディアブロGT2」の公道仕様である「ディアブロ GT」など豪華な顔ぶれ。さらに、カウンタックのデビュー50周年を記念して世界限定112台で販売された夢のスーパーカー、カウンタック LPI800-4も参加し、参加者や沿道の人々の注目を集めた。