新型スバル「BRZ」専用設計の車高調が「アラゴスタ」から登場! さらにエアリフター装備モデルまでラインナップ

新型スバル「BRZ」専用設計の車高調が「アラゴスタ」から登場! さらにエアリフター装備モデルまでラインナップ

ZD8型「BRZ」の車両特性に合わせた最上級スペックのスポーツ車高調

 2021年にフルモデルチェンジを果たしたスバルBRZ(ZD8型)。シリーズ2代目としてエンジン排気量を2.0Lから2.4Lへと拡大し大幅なパフォーマンスアップを果たし、ボクサーエンジン搭載FRスポーツとして高い人気を集めている。

 今回、スポーツサスペンションのブランド「アラゴスタ(Aragosta)」から、新型BRZ専用の車高調サスペンションキット「TYPE-S」が発売された。

リヤのアッパーマウントは2種類を用意

 アラゴスタの車高調ラインアップのなかでも最上級スペックを搭載したスポーツモデルが「TYPE-S」だ。モデルチェンジしたZD8型BRZは先代とはまったく異なる車両特性となっているため、今回のZD8用TYPE-Sでは部材の寸法や形状は先代モデルと一見そっくりながら、ダンパー内部の部品構成をイチから構築している。さらに徹底したフィールドテストを重ねることで、スポーツ車高調に求められる性能を獲得したとのこと。

 また、オーナーの好みの乗り味に対応するため、リヤアッパーマウントの仕様は2種類が設定され、ともにアラゴスタがこだわる「爽快なフィーリング」を十二分に堪能できるという。

エアリフターを備えた「アラゴスタCUP」も設定

 さらに、エアリフターシステムを備えた「アラゴスタCUP」も同時リリースされた。ローダウン時の段差やスロープでの接触回避に効果的で、競技車両等のローダー輸送時にも役立つ機構が頼もしい。機能オフ時にはサスペンション性能に影響しないので、サーキット走行もOKだ(※車高をアップした状態で通常走行は不可)。

 こちらは前後ピロアッパー仕様と前ピロ/後ラバーアッパー仕様が用意される。

【関連記事】『ワイルド・スピード』で一大ブームになったスポコンはミニバンにも! ホンダ「オデッセイ」スポコン仕様で振り返るカスタム術とは

新型スバルBRZ(ZD8)専用車高調「アラゴスタTYPE-S」画像はこちら

* * *

 しなやかな乗り味とスポーティな走りを両立することでファンの多いアラゴスタの車高調サスペンションキット。新型スバルBRZのスタイルと走りをさらにグレードアップしたいオーナーにとって、専用設計の「TYPE-S」は魅力的な選択肢と言えるだろう。

【スバルBRZ(ZD8)用アラゴスタTYPE-S】

■前後ピロアッパー仕様:37万5100円(税込)

■前ピロ/後ラバーアッパー仕様:36万6300円(税込)

※以下スペック共通

・バネレート:フロント 自由長175mm/7kg/リヤ 自由長175mm/7kg

・フロント
 スティール倒立式ダンパー、ranaスプリング、減衰力20段調整機能
 全長調整式(標準ダウン量35mm、調整幅・標準より+40mm/-10mm)

・リヤ
 カシマコート軽量アルミ正立式ダンパー、ranaスプリング、減衰力20段調整機能
 全長調整式(標準ダウン量35mm、調整幅・標準より+50mm/-10mm)

【スバルBRZ(ZD8)用アラゴスタCUP】

■前後ピロアッパー仕様:64万1300円(税込)

■前ピロ/後ラバーアッパー仕様:63万2500円(税込)

【詳しくはこちら】

■トップラインプロダクト
TEL:04-7190-1391
http://www.tpl.co.jp/