クーペが売れないのにどうしてSUVはクーペ化する? 「売る側」と「買う側」の思惑とは (2/2ページ)

クロスオーバーSUV化が自動車メーカーの社運を左右する!?

 現在はSUVやクロスオーバーモデルが世界的に見ても爆発的な人気を誇っている。子どもにクルマの絵を描かせれば、クルマ=SUVの絵になるほどだ。その一方で、土臭いSUVは好みじゃない……という人も相当数いるはずで、SUV、クロスオーバーモデルを都会が似合う高級感溢れるクーペのように仕立てれば、そうしたユーザーまで拾えることになるワケだ。

【関連記事】走行32万キロ超! 第2世代「スカイラインGT-R」最後の限定車「R34Nur」と歩んだ20年の歴史を振り返る

ランボルギーニ・ウルスのフロントスタイル画像はこちら

 もちろん、セダンやクーペに対する、クロスオーバーモデルのメリットとして視界の高さ=運転のしやすさ、トランクではなくワゴンのように使えるラゲッジルームによる大きな荷物の積みやすさがある。多くのクルマ好きユーザーや子離れしてミニバンを卒業した人たちが、SUVやクロスオーバーモデルに流れていくことは、いまとなっては止めようがない現実でもある。

「いま、これを買っておけば間違いない!」と感じさせる大ブームを巻き起こしているSUV&クロスオーバーモデルを、都会派のパーソナルカーとして使う人が増殖しているのは自然な流れで、いま巻き起こっているSUVの第二形態ぶりは、造る/売る側、乗る/買う側としても、至極当たり前の流れということなのだろう。