1385馬力の最新ケーニグゼグ「CC850」誕生! 限定50台では足りずに急遽20台増やした理由とは (1/2ページ)

1385馬力の最新ケーニグゼグ「CC850」誕生! 限定50台では足りずに急遽20台増やした理由とは

1994年に誕生したケーニグゼグ

 1994年、当時23歳という若さでスーパーカーメーカーを設立したクリスチャン・フォン・ケーニグゼグ。スウェーデンの地に誕生し、自らのファミリーネーム、ケーニグゼグの名を掲げたこのメーカーが、ここまで大きな成長を遂げるとは、ファーストモデルの「CC8S」が誕生した時に、いったい誰が予想することができただろうか。

「CC8S」へのオマージュ

 そのケーニグゼグが、CC8Sのデビューから数えて20周年となることを記念して、2022年のモントレー・カー・ウィークの幕開けとなる、「ザ・クエイル・ア・モータースポーツ・ギャザリング」に、1台の限定車を持ち込んだ。

 このモータースポーツ・ギャザリングはここ数年、そもそものコンセプトであるクラシック・スポーツカーのギャザリング(集まり)に加えて、自動車メーカーが新作を披露する、いわばモーターショーのような性格を兼ね備えるイベントへと変化し始めてきた。

 ブースを設営する出品料はもちろん高額だが、それでもインターナショナル格式のモーターショーよりは相当に安く、かつ直接の顧客となる可能性の高いゲストが会場に多くいるのがその理由だ。ケーニグゼグの新作「CC850」もその1台だった。

【関連記事】軽自動車からフィアット「500」に乗り換えた女子オーナー。購入のキメ手は限定カラーでした

ケーニグゼグ「CC850」

 ケーニグゼグといえば、これまでファーストモデルのCC8Sのほかにも、「CCR」、「アゲーラ」、「ジェスコ」、「ジェメラ」、「レゲーラ」といったモデルを生産してきたことで知られているが、今回のCC850はこれらのモデルと比較するとデザイン的には最も初期のCC8Sに似ている。

 それもそのはずで、このCC850はCC8Sをオマージュしたデザインを採用しており、メカニズムは現代の最先端にあるものを使用するという、非常に趣味性の高いものに仕上がっているのだ。

 当初発表された限定数は50台。しかしながらこの数は現在のケーニグゼグが持つVIPカスタマーの数には大きく足りず、モータースポーツ・ギャザリングの会場では、新たに20台をプラスした70台の限定生産が発表された。