クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 1385馬力の最新ケーニグゼグ「CC850」誕生! 限定50台では足りずに急遽20台増やした理由とは
カーライフ
share:

1385馬力の最新ケーニグゼグ「CC850」誕生! 限定50台では足りずに急遽20台増やした理由とは

投稿日:

TEXT: 山崎元裕  PHOTO: 佐藤靖彦

ケーニグゼグ スタイルを随所に取り入れた「CC850」

 CC850には、前で触れたとおりCC8Sから受け継がれた多くのデザイン面での特徴がある。まずは水中生物をモチーフとした、エアロダイナミクスに富むボディシルエット。これは現在に至るまで、ケーニグゼグが伝統的なスタイルとして用いているもの。

 独特な「シンクロへリックス」ドアやダイヤル型のホイールなども、もちろんCC8Sから継承された機構、スタイルとなる。インテリアでも同様に、ダイヤル型のスイッチパネルやアナログ式のメーターパネルなど、懐かしくも機能的なデザインで、2シーターのキャビンは演出されている。

 ミッドに搭載されるエンジンは、5L V型8気筒ツインターボ。ドライサンプを採用したこのエンジンは、最高出力では1385ps、最大トルクでは1383Nmを発揮。レブリミットは8500rpmに設定されているが、フライホイールを装備しないため、高速域でのフィーリングはケーニグゼグならではの独特なものになっているという。

 組み合わせられるトランスミッションは、6速MTのほかに、9速ATの選択が可能になった。基本構造体はもちろんカーボン製のモノコック。これにカーボンとケブラーからなるボディパネルが組み合わされ、車重は1385kgと驚くべき軽さを実現している。

 デビュー作のCC8Sを想起させる限定車を誕生させたことで、再びそのブランドに注目を集めされることに成功したケーニグゼグ。北欧の、孤高のハイパーカーメーカーの勢いは、これからも続く。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS