【新旧比較】トヨタ新型「シエンタ」はアウトドア派御用達だった先代「シエンタFUNBASE」を超えた? 使い勝手を徹底検証 (1/2ページ)

【新旧比較】トヨタ新型「シエンタ」はアウトドア派御用達だった先代「シエンタFUNBASE」を超えた? 使い勝手を徹底検証

FUNBASEよりも広々としたベッドスペースが実現

 トヨタの人気コンパクトミニバンであるシエンタ。とくに先代シリーズ途中から加わった2列シートのFUNBASEは、アウトドア、キャンプ、そして車中泊にうってつけの大容量ワゴンと呼べる超ユーティリティカーだ。シエンタ人気を一気に押し上げた立役者だった(発売翌年にはシエンタが乗用車販売台数NO.1に輝いたほど)。グランパーという、さらにアウトドア向けの特別仕様車も存在した。

 そんなシエンタが2022年8月、3代目の新型となった。先代は古いヴィッツのプラットフォームを使っていたのだが、新型は一気にトヨタ最新のTNGA、ヤリスなどに使われるGA-Bプラットフォームに刷新。

 先代の派手過ぎた!? エクステリアデザイン!? は一転、ぶつけやすい前後フェンダー部分とボディサイドに黒い未塗装のプロテクションモールを配したクロスオーバー感覚のあるデザインに変貌。ギア感あるミニバンとなったのだ。

新型シエンタはリビング感覚の室内空間を演出

 それだけでも大きな進化だが、インテリアも刷新。先代のギラギラした質感とは決別し、シックで上質なテイストでまとめられ、なんとインパネ上面やドア内張りに布地を用い、上質感あるファブリックを使ったシートとともに、落ち着いたリビング感覚の室内空間を演出しているではないか。

 じつは、インテリアにもTNGAの恩恵があった。それはドライビングポジション。先代はシートポジションに対してインパネが低く、メーターなどを上から見下ろすような不自然さがあった。それが新型ではごくまっとうな位置関係となり、自然なドライビングポジションが取れるようになっているのだ。それもプラットフォームの刷新がもたらしたポイントなのである。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

トヨタ・シエンタFUBASEと新型シエンタを比較してみた画像はこちら

 新型シエンタの全長、全幅、ホイールベースは先代とまったく同じ。だが、全高のみ20mm高まり、それは室内高+20mmに反映されている。また、リヤスライドドアの開口部は、高さ方向で一気に60mmも高くなり、先代と同じ、世界の乗用車で最も低い部類のステップ高330mm(フリード+は390mm)とともに、乗降性を格段に向上させたと言っていい。

 ここでは、アウトドア、キャンプ、車中泊に向く2列シートモデルの話に特化させてもらうが、先代のFUNBASEという呼び方は、営業的に却下されたようで、シエンタの7人乗り3列シート、5人乗り2列シート……というラインアップになっている。

 パッケージングの考え方もあらためられたようだ。というのは、基本となる7人乗り3列シートモデルの先代ユーザーのほとんどが、普段は3列目席を格納して(2列目シート下にすっぽり格納できる)使っていたそうなのだ。

 ならば、新型では3列目席の居住性にこだわるより、ミニバンの特等席である2列目席の居住性を重視すべきと判断したようで、3/2列シートともに1-2列目席間距離=カップルディスタンスを先代比で80mm増しているのである。つまり、2列シートモデルでも、後席の居住空間が広がっていることになる。

 具体的に説明しよう。身長172cmの筆者のドライビングポジション基準で、その背後のフルフラットフロアの2列目席に座れば、新型は頭上に220mm、膝周りに260mmもの空間がある。先代は同200mm、220mmである。

 ちなみに先代のシエンタとFUNBASEでは、2列目席のシートクッション構造が異なり、かけ心地がよりソファ感覚で良かったのは、タンブル格納のシエンタよりチルトダウン格納のFUNBASEのほうだった。

 新型でもその構造は変わらないものの、かけ心地の差は縮まっている……のだが、フロアからシート前端までの高さ=ヒール段差が先代より約20mm低まったため(頭上空間のゆとりには効果的だが)、着座姿勢が膝を立てるような不自然さがあり、シートバックのフィット感もいまひとつ。2列目席のソファ感覚の心地よいかけ心地という点では、先代FUNBASEが上回る印象だ。

 つまり、デザイン、パッケージングでは新型シエンタが圧勝、新しいのだから当然だが、2列目席は居住空間が広がってはいるものの、シートのかけ心地の進化は微妙……ということになる。

 アウトドア、キャンプ、車中泊では荷室の広さ、荷物の積み込みやすさ、そしてなんといっても車内をベッド化したときのスペースが重要だ。