京都に「フィアット&アバルト」のセレクトショップ誕生! 「A PITオートバックス京都四条」にできた「コルソ・ティーポ」を潜入調査しました (1/2ページ)

京都に「フィアット&アバルト」のセレクトショップ誕生! 「A PITオートバックス京都四条」にできた「コルソ・ティーポ」を潜入調査しました

2022年9月オープンの「A PITオートバックス京都四条」

 オートバックスの新業態として2店舗目、西日本初出店となる「A PIT(アピット)オートバックス京都四条」が2022年9月16日にオープン。そのなかで初の試みとして、フィアットとアバルトに特化したセレクトショップ「コルソ・ティーポ(corso tipo)」が開設されました。ホットハッチである「アバルト595」がかわいらしいルックスでありつつも、チューニング派にも愛され、続々とパーツがリリースされる秘密はどこにあるのでしょうか。

人気の「アバルト595」に国内チューニングメーカーも注目

 イタリアを代表するコンパクトカー「フィアット500(チンクエチェント)」は現行の3代目が2007年にデビュー。1950年代~70年代に愛され日本でも「ルパン三世のクルマ」として親しまれていた2代目のスタイルを、現代的にアレンジしたキュートなルックスが日本でも人気を呼び、ベストセラーとなっています。

 そんなフィアット500のホットバージョンである「アバルト595」は、小型・軽量なFFハッチバックならではのキビキビとした走りで、やはり日本でも多くのファンの心をつかんできました。シンプルなパッケージゆえにチューニングの余地も多く、多彩なアフターパーツが展開されてきました。近年は国内パーツメーカー大手のHKSやBLITZもアバルト595用のパーツを開発して発売し、さらなる盛り上がりを見せています。

アバルトのパーツやアクセサリーが一堂に集合

 2022年9月に京都市内にオープンした「A PITオートバックス京都四条」では新たな試みとして、フィアットとアバルトに特化したセレクトショップ「コルソ・ティーポ」を開設。チューニングパーツコーナーのすぐ隣に配置され、スターバックスからもよく見える場所ということもあり、訪れた人みんなが目にする「ひな壇」のような位置づけです。フィアット&アバルトの注目のほどが窺われますね。

【関連記事】17歳で日産「R33GT-R」オーナーになった女子高生の「いま」とは? D1ドライバーを目指してただいま修行中!

「A PITオートバックス京都四条」のアバルト特化セレクトショップ「コルソ・ティーポ」画像はこちら

 ここでラヴォーノ(La Buono)、ASSO、HKSなど各メーカーのチューニングパーツやアクセサリーや、グッズ、アパレルなどが販売されるとともに、それらを装着したデモカーも展示。実際に見て触って、アバルトの世界を体験することができるため、オーナーはもちろん、アバルト595を欲しいと思っている人にもお勧めです。