クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 80年前の元祖「ジープ」の中身が凄かった! 三菱と「ウィリスMB」をハイブリッドした利点とは
CLASSIC
share:

80年前の元祖「ジープ」の中身が凄かった! 三菱と「ウィリスMB」をハイブリッドした利点とは

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔

「ジープジャンボリー」会場でもっとも古いジープに直撃!

 2022年9月17~18日に、富士山麓のスタックランドファームオフロードコースで開催された「ジープジャンボリー」。会場では魅力たっぷりのジープとオーナーたちに出会うことができた。まずは歴代ジープの元祖となった「ウィリスMB」でエントリーした籾山さんを紹介しよう。

1941年に米軍が採用した「ウィリスMB」がジープの始まり

 2022年9月17~18日に富士山麓で開催されたジープジャンボリーには、2日間で延べ72台のジープが全国から集結した。そんな会場を歩いていて発見したのが、ここで紹介する車両だ。独特のグリル形状やフロントの2分割ウインドウ、シンプルなフェンダー形状は、第二次大戦中に開発された「ウィリスMB」のボディ。

 オーナーはほかにも三菱ジープJ55やTJ型ジープ「ラングラー」などを所有する籾山さんだ。じつはこの個体は、MB好きという前オーナーが50年以上所有していたもので、それを受け継いだとのこと。そのため基本的には譲り受けた状態のまま所有し続けているという。

三菱ジープ初期「CJ-3B」のシャシーに「MB」のボディを搭載

 籾山さんに詳しいお話を伺うと、この車両は三菱がライセンス生産した初期の「CJ-3B」のシャシーにMBのボディを搭載したハイブリッド車両とのこと。つまり機関系はアップデートされているものの、ボディはオリジナルのMBという貴重な車両だ。ボディの程度は驚くほど良く、約80年が経過しているとは思えないほどの状態をキープしている。

 ちなみにオリジナルのウィリスMBも、シャシーに使用しているCJ-3Bも3速マニュアルだが、この車両は後付けのオーバードライブを装着しており、高速巡行も可能。ただし、ただでさえトランスファーレバー含め3本あったシフトレバーは、なんと合計4本もフロアから伸びている。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS