20代男子、トヨタ「ランドクルーザー70」を買う! 4WD一家の娘さんと交際して「ランクル沼」にはまって開眼 (1/2ページ)

20代男子、トヨタ「ランドクルーザー70」を買う! 4WD一家の娘さんと交際して「ランクル沼」にはまって開眼

1984年登場の「ランクル70」に若手オーナー増加中!?

 トヨタ「ランドクルーザー70」のオーナーたちによって年1回、山梨県のスタックランドファームオフロードコースで開催されている「LC70オーナーズクラブジャパン全国ミーティング」。ノーマル仕様からカスタム車までさまざまなランクル70とオーナーが集い、語らっても良し、走っても良しと、とくに決まりはない、趣味的なオーナーズイベントだ。2022年9月に行われた会場から、気になったランクル70とオーナーさんをご紹介しよう。

人生初のマイカーにランクル70を選んだのは彼女の影響

 予算300万円でランクル70を探し、ミーティング参加の約2カ月前にこの個体を購入したという樋口大介さん。20代という若さでランクル70を購入したのは、じつは彼女の影響だそうだ。

 お父さんがランクル70乗り、自身もジムニー乗りという、4WD好き一家の娘さんと交際してしまったのが、樋口さんのある意味運の尽き(ラッキーか)。彼女のお父さんの乗るランクル70を写真で見せてもらったのち、お宅に行って実車を見たとたんにひと目惚れしてしまった。彼女のお父さんにクルマの中身や歴史などを教えてもらっていくなかで、どんどんランクル70の沼にハマっていったのだという。

 その時点で樋口さんは、クルマ所有歴なしで免許もAT限定だった。そこから教習所に通い免許を限定解除して、いよいよ購入準備が整うことに。そして彼女のお父さんに情報をもらって購入したのが、この「LX」の4ドアモデルだ。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

20代の若者が買ったばかりのトヨタ「ランドクルーザー70」画像はこちら

「最初、ミドル・ショートもいいと思ったのですが、(彼女のお父さんと)同じになってしまうのと、ずっと乗り続けたいので将来、家族が増えることも考えて、4ドアにしました」

 また彼女さんは、「小さいときからお父さんがこれに乗ってたので、クルマはこういうものだと思って育っているので自分もジムニーが欲しくなりましたし、角ばってるクルマが好きだったんです。お父さんも嬉しそうでしたし、私もうれしい気持ちでよかったと思います」とのことだ。