27年乗り続けたトヨタ「ランドクルーザー70」に1000万円オーバー! 父から譲り受けたランクルは修復歴なし!? (1/2ページ)

27年乗り続けたトヨタ「ランドクルーザー70」に1000万円オーバー! 父から譲り受けたランクルは修復歴なし!?

ハードなトライアルも通勤もこなすランクル70はタフな相棒

 トヨタ「ランドクルーザー70」のオーナーたちによって年1回、山梨県のスタックランドファームオフロードコースで開催されている「LC70オーナーズクラブジャパン全国ミーティング」。ノーマル仕様からカスタム車までさまざまなランクル70とオーナーが集い、語らっても良し、走っても良しと、とくに決まりはない、趣味的なオーナーズイベントだ。2022年9月に行われた会場から、気になったランクル70とオーナーさんをご紹介しよう。

父から譲り受けたランクル70に乗り続けて27年

 1988年式(BJ)のランクル70 LXに乗っている、むっさん。クルマの周りをぐるっと回って説明してもらうと、ワンオフのフロントバンパー・ロックスライダー、ホイールはブラッドレーV(センターバルブ)、タイヤはヨコハマ・ジオランダーMT003、足まわりは3.5インチアップのテイクオフのベルリンアイスプリング(リーフ)、USビルシュタインショックアブソーバー、ARBエアロッカー(圧縮空気によるデフロックシステム)などなど、オフロード走行のための装備が整えられている。そして、クルマの説明をしてくれたむっさんから、「3次元鈑金」という謎の言葉が。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

オフロード競技仕様のトヨタ「ランドクルーザー70」画像はこちら

 むっさんのLXは彼が小学5年生の時に父親が購入し、20歳のときにゆずってもらって以来27年ほど乗り続けているクルマで、走行距離は39万3000km。学生時代からウィンチ装着やインチアップなどを施してオフロード走行を行っており、現在もトライアル競技のブラッドレー杯に出場するなどの本格派であると同時に、通勤にもこのクルマを使用しているという。