クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「ハイエース」で「ランボルギーニ」を目指して「ザク仕様」に! 決め手は自衛隊指定の軍用グリーンでした
CUSTOM
share:

トヨタ「ハイエース」で「ランボルギーニ」を目指して「ザク仕様」に! 決め手は自衛隊指定の軍用グリーンでした

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

働くクルマとしてのカッコよさ

 クルマのカッコよさは、見た瞬間に伝わってくるもの。なかでもカスタムカーの世界では、それがとても強く現れる傾向がある。今回紹介する塗装・内装業を営む「ともさん」の200系トヨタ・ハイエースは、まさしくそうした1台だ。

エアロパーツをブレンドして装着

 仕事兼ドレコン用として製作したというともさんのハイエースでまず注目してもらいたいのは、フロントフェイスの作り込みと1BOXでありながらもオーバーフェンダーを装着させた点だろう。

 ボディカラーは自衛隊指定の軍用グリーンにオールペンし、フロントとリヤバンパーはS.A.D Custom Japan製のキットを装着。サイドステップとオーバーフェンダーはT-STYLE製をセットしている。

 個性的な外観は、ワンオフエアロのように見えるが、装着している外装キットは市販品ということ。ただ、よりメリハリを効かせるために、各装着パーツに陰影を付けているのがポイント。この処理によって迫力が増しているのだ。また、ヘッドライトにも加工を加え、プロジェクター仕様としたことで、その表情に凄みが加わった。

 オーナーのともさんはランボルギーニに憧れており、ランボルギーニのテイストをハイエースで表現したとのこと。たしかにフロントバンパーの処理などは、アヴェンタドールSのテイストが感じられる。しかし仲間たちからは、機動戦士ガンダムに登場するモビルスーツ「ザク」にしか見えないと言われているとのこと。たしかにランボルギーニよりもザク仕様と表現したほうがぴったりの雰囲気だ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS