クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 320馬力のゴルフ史上最もパワフルな「ゴルフR」「ゴルフR ヴァリアント」が日本上陸! お値段は639万8000円から
カーライフ
share:

320馬力のゴルフ史上最もパワフルな「ゴルフR」「ゴルフR ヴァリアント」が日本上陸! お値段は639万8000円から

投稿日:

TEXT: iconic PHOTO: Volkswagen AG

  • 18インチの5スポークアルミホイールを標準装備、オプションで19インチの5ダブルスポークが選択可能

Cセグメントのベンチマークのハイパフォモデルとは

 本国での発表から約1年半遅れ、日本では2021年6月に導入された8代目フォルクスワーゲン「ゴルフ」。Cセグメントのベンチマークとなるゴルフの新型はマイルドハイブリッド仕様であった。その後、ディーゼルエンジン搭載モデル「TDI」、伝統のFFスポーツモデル「GTI」が登場。そして今回、4WDのハイパフォーマンスモデルである「R」がついに日本でも発表された。

 6代目に初めて設定され20周年を迎える2022年、日本で発表されたのはハッチバックの「ゴルフR」(車両価格:639万8000円/消費税込み、以下同)とステーションワゴンの「ゴルフRヴァリアント」(車両価格:652万5000円)の2モデル。ちなみに価格はエントリーグレード(eTSI アクティブベーシック)のおよそ2倍となる。

最高出力320psの2リッター直4ターボを搭載

 エンジンは最高出力320ps・最大トルク420Nmを発生する2L直4ターボを搭載。先代より最高出力+10ps、最大トルク+20Nm高められつつ、エンジン特性の最適化や環境性能の向上が図られている。燃費性能もWLTCモードで12.3km/L(ヴァリアントは12.2km/L)に向上している。

 フロントブレーキには先代より1インチ拡大された18インチブレーキシステムを採用し、高速度域からのブレーキング性能がさらに高められた。また、より大きなブレーキマスターシリンダーを用いることで、短いブレーキペダルのストロークでも正確な応答性を実現しているという。

 4WDは走行状況に応じて前後のトルク配分を100:0から50:50まで可変させるフルタイム4WD(4MOTION)を装備する。速度やエンジン出力、ステアリング角、横加速度、ヨーレートなどをもとに、左右後輪のトルク配分を最適にコントロールしてくれるRパフォーマンス トルクベクタリングも採用した。さらに、電子制御式ディファレンシャルロック(XDS)とオプションのアダプティブシャシーコントロール(DCC)を、4WDシステムを連携させるビークル ダイナミクス マネージャーにより、さらなるドライビングダイナミクスと快適性を実現させている。

 足まわりにはR専用スポーツサスペンションを装着、ノーマルモデルより車高が15mm低くなっている。スプリングレートとスタビライザーレートを先代より約10%高めるなど、様々な改良も施されている。

 また、走行モードが選択できるドライビングプロファイル機能には、コンフォート/スポーツ/カスタムに加え、他グレードにはないレースが用意されているのも先代同様のポイントだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS