クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 新車購入して40年で58万キロ! いすゞ初代「ピアッツァ」をいまでも乗り続ける理由とは
CLASSIC
share:

新車購入して40年で58万キロ! いすゞ初代「ピアッツァ」をいまでも乗り続ける理由とは

投稿日:

TEXT: 近藤浩之 PHOTO: 近藤浩之

  • オリジナル度の高い1982年式いすゞ・ピアッツァXLのインテリア

ピアッツァ登場時の佇まいをキープしたグッドコンディション車

 いすゞ「ピアッツァ」の第1世代モデル(JR120/130)のオーナーを対象に開催されている「PIAZZA meeting」。2022年10月16日に朝霧高原もちやの駐車場で開催された26回目のミーティングから、気になるピアッツァとオーナーさんをご紹介しよう。

40年乗り続ける、フェンダーミラーの初期モデル

 フェンダーミラータイプのピアッツァ最初期モデルとなるXLを1982年に購入したという、長谷川文昭さん。当時のいすゞの社長の、「お客さまに長く乗っていただけるクルマを作り続けたい」という談話を聞き、いすゞ車の購入を決意。ジュネーブショーで発表されたジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたモデルに興味を持ち、購入車種をピアッツァに決めたのだそうだ。

 長谷川さんの購入当時は、1982年3月に同行法が改正され国産車にもドアミラー装着が認められるようになった時期だった。ピアッツァのドアミラー車が出る話も出ていたが、待ちきれずにフェンダーミラーのSOHCエンジン搭載車を購入。翌年にドアミラー車が発売され、フェンダーミラーをドアミラー化する人も多かったそうだが、長谷川さんはあえてフェンダーミラーのまま、現在まで乗り続けている。

走行52万kmのタイミングでエンジン載せ替え

 じつは長谷川さん、当初は10万kmほど乗ったら乗り換えるつもりだったそうだが、10万km、10年乗っても何のトラブルもなく、そのまま乗り続けることにしたという。もちろんずっとノントラブルというわけではなく、14万kmでダイナモがパンクして交差点でストップ。それ以降、ダイナモは10万km、クラッチやショックも約8万kmを目安にオーバーホールするようにしているとのこと。ちなみにショックは途中で純正品が手に入らなくなり、オーバーホール可能なビルシュタインに変更したそうだ。

 そして52万kmほど走ったころにオイル上がりなどが出て、エンジンを載せ替え。現在オドメーターは58万kmを刻んでおり、パーツの確保なども徐々に難しくなっているが、まだまだ乗り続けるつもりだという。では長谷川さんが、エンジンの載せ替えまでして、ピアッツァに乗り続ける理由はなんなのだろうか?

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS