クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「ミウラ」がついに「ラ フェラーリ」を超えた! 3億5000万円のランボルギーニは特別な「SV」でした
CLASSIC
share:

「ミウラ」がついに「ラ フェラーリ」を超えた! 3億5000万円のランボルギーニは特別な「SV」でした

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: Courtesy of RM Sotheby's

元色はロッソ・コルサだった

 ミウラはそのデビューから、世界中の富裕層、そしてセレブリティの間で大きな話題を呼んだ。その優雅なスタイリングはもちろんのこと、リヤミッドの4L V型12気筒DOHCエンジンはもっとも初期のP400でも350ps。当時のデータによれば車重はわずか980kgに過ぎず、最高速は280km/hを記録したとされる。

 ちなみに今回出品されたP400SVは、ミウラ・シリーズの最終型であると同時に、もっともパワフルな仕様でもある。最高出力は385psへと強化され、それをイメージさせるかの如くリヤフェンダーはさらにワイドでグラマラスなデザインへと変化。またこのSVではトレッドも拡大され、リヤサスペンションにも大幅な改良が施されている。

「4924」のシャシーナンバーを持つ今回の出品車は、1971年8月にアメリカに向けて出荷されたモデルだ。アメリカ向けのモデルはわずか23台しか製作されていないが、当初この4924はロッソ・コルサのボディカラーであったことが記録されている。

 インテリアはチンギアーレ・ペッレ(イノシシ革)で豪華に仕上げられ、ほかすべてのアメリカ仕様車と同様にエアコンが標準装備されていた。

 ファーストオーナーはしばらくこの4924を所有するが、その後2人のオーナーを経て、2002年にはカナダ人のオーナーの手にわたり、2005年にはレストアを実施。この時にオドメーターをマイルからキロ表示に改めて、2007年にはクウェートへ、そして2015年にグランツーリスモ・コレクションに加わった後、ミウラでは人気の明るい緑色のヴェルデ・ミウラへと再塗装されている。

 コレクションに加わってから現在までの7年間での走行距離はわずかに300km程度だが、そのコンディションは抜群。RMサザビーズはオークションの開催前にボディナンバー等のチェックをランボルギーニで受けているが、シャシー、エンジン、前後のクラム、ドア等々、すべてがオリジナルのままであることが確認されたという。

ラ フェラーリを超えたハンマープライス

 まさに由緒正しきP400SV。同社が事前に掲げていた予想落札価格は、190万~220万ポンド(邦貨換算約3億2300万円~3億7400万円)とかなりの強気だったが、実際にそれは205万8125ポンド(邦貨換算約3億5000万円)で落札。

 この落札価格は今回のロンドン・オークションでは、2014年モデルの「ラ フェラーリ」をも超えるもので、200万ポンドを上回っての落札は、ほかに2022年モデルのブガッティ「シロン・スーパースポーツ300+」があるのみだった。ランボルギーニ・ミウラの相場は、まだまだ上昇傾向にあるのだろうか。

12
すべて表示


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS