納車から1年足らずで7億円に! ブガッティ「シロン」の30台限定「シュペールスポール300+」とは (1/2ページ)

納車から1年足らずで7億円に! ブガッティ「シロン」の30台限定「シュペールスポール300+」とは

昨年夏にデビューしたばかりなのに? 限定ブガッティがオークションに

 昨2021年8月に開催されたモントレー・カーウィークのメインイベントである「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」および、その前日の「ザ・クエイル・モータスポーツギャザリング」で世界初公開されたばかりのブガッティ「シロン・シュペールスポール(Super Sports)300+」が、早くもRMサザビーズ「LONDON」オークションに出品された。

最高速度は300マイル! シロン・シュペールスポール300+とは?

 ブガッティ シロン・シュペールスポール300+は、2019年9月にル・マン優勝経験もあるブガッティS.A.S所属のテストドライバー、アンディ・ウォーレスの操縦により、ドイツにあるフォルクスワーゲン・グループ所有のエハラ・レシエン・テストコースにて、最高速度304.773mph(490.484km/h)を叩き出した特別チューンのシロンを生産化したものとされる。

 その心臓部は、8L W型16気筒に4基のターボチャージャーを組み合わせ、現代ブガッティを世界の頂点に至らしめた伝説的なエンジン。スタンダードのシロンでも1500psを発生するが、さらにシュペールスポール300+では徹底的な改良によって、1600psを発生させることができるという。

【関連記事】日産「GT-R T-spec」が1/18スケールで登場! モデルカーなら2万2000円で手に入る

約7億円で落札されたブガッティ「シロン・シュペールスポール300+」

 ブガッティのエンジニアリングチームは、大型のクワッドタービンを開発・搭載するとともに、オイルポンプやシリンダーヘッド、ピストンにバルブトレーンを強化した。トランスミッションやクラッチなどの駆動系も、このパワートレーンのもたらす強大なパワーに適合するように改良が施されている。

 そして、このクルマのレゾンデートルである超速のトップスピードにおける信頼感を高めるために、ブガッティはシロン・シュペールスポールのシャシーおよびサスペンションのセットに徹底的にこだわったとのこと。

 ステアリングにセットアップの変更を施したほか、よりソリッドなものとされたスプリングなどによって構成される電子制御シャシーと統合管理されることによって、車名とされた最高速度300mph(約480km/h)+でのスタビリティも確保したという。

 さらにテールエンドを250mm延長し、フロントの空力パーツもリニューアルすることで、エアロダイナミクス的にニュートラルなバランスを保っているとのことだ。

 税別のベース価格は320万ユーロ(約4億3100万円)に達するというシロン・シュペールスポールながら、その製造枠は発表の段階ですべて予約済み。キャンセル待ちも発生したという逸話の持ち主が、早くも国際オークションに出品されるというのは、世界中のスーパーカーファンを驚かせるに相応しいニュースなのだ。