20代前半でスバル「インプレッサS201」を購入! 初代「インプレッサ」に乗るために整備士になったオーナーのリアルライフとは (1/2ページ)

20代前半でスバル「インプレッサS201」を購入! 初代「インプレッサ」に乗るために整備士になったオーナーのリアルライフとは

憧れのGC8は夢に見た以上に魅力的な名車だった

 スバルのSTIコンプリートカーの最高峰として名高いSシリーズ。その記念すべき第一弾にして、いろんな意味で伝説となったS201は、今もなお、多くのスバリストを仰天させる幻の存在です。

 S209にも通じるSシリーズの元祖といえるS201は、特徴的なエアロフォルムが、当時はなかなか受け入れられず、販売台数は限定台数の300台に達していなかったと言われています。しかし、STIの手掛けたS201は「国産車の280馬力規制」がされているなか、初代インプレッサ(以下:GC8型/GF8型)で唯一の300psを発生するハイパフォーマンスモデルでした。

 初代インプレッサが110台以上集まったオフ会の現場でも、あの22Bや555レプリカ(ラリー仕様)など正統派の神車とはまったく異なる類いのオーラを放ち、GC8愛好家たちを唸らせました。

 数あるGC8のなかでもっともレア度が高いインプレッサS201。2019年、群馬県の榛名山で開催されたGC8オフ会の場で出会ったオーナーさんにお願いをして今回の取材が実現しました。

(初出:SUBARU MAGAZINE Vol.27)

【関連記事】激走! 競技初日のトラブルを挽回できるか!? 天気にも悩まされたアジアクロスカントリーラリー3日目をレポート【AXCR2022】

スバル・インプレッサS201画像はこちら

GC8に乗るためにプロの整備士を目指した

 20歳代前半にしてS201のオーナーになったSさん。3代目(BH型)や4代目(BP型)のレガシィに乗っていた父の影響を強く受けてSUBARU車に興味を抱くようになり、WRCのビデオでGC8の存在を知って憧れ、いつか所有することを夢見るようになったそうです。

 Sさんが高校生になる頃にはすでにGC8は古くなっていたこともあり、長く乗るには整備の知識や技術が必要と考え、プロの整備士を目指すようになったというから驚きです。まだ見ぬ未来のGC8を末長く愛し続けるために整備士という職業を選択。整備学校へ通っているうちに、いつか修理やレストアで手がかかるようになっても乗り続けられそうだと、一定の手応えを感じるようになりました。