クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 1億6700万円で落札! マクラーレン「F1」登場前の最速ホルダー「ジャガーXJ220」のホモロゲモデルとは?
CLASSIC
share:

1億6700万円で落札! マクラーレン「F1」登場前の最速ホルダー「ジャガーXJ220」のホモロゲモデルとは?

投稿日:

TEXT: 武田公実 PHOTO: Courtesy of RM Sotheby's

  • 93万3125ポンド(邦貨換算約1億6700万円)で落札されたジャガー「XJ220S」

スタンダードとホモロゲートスペシャル、どっちが人気?

 われわれ自動車エンスージアストにとって「ホモロゲートモデル」という言葉は、とても魅惑的なもの。モータースポーツへのエントリー条件を満たすため、多くの場合ごく少数製作されるホモロゲートモデルは、もちろん現代のクラシックカー/コレクターズカーの国際市場においても、絶大な評価を得るようだ。

 2022年11月上旬、クラシックカー/コレクターズカーのオークショネア最大手であるRMサザビーズ社が開催した「LONDON」オークションでは、さる著名なコレクターから2台のジャガー「XJ220」、スタンダードの市販モデルと、ル・マンGTクラス用ホモロゲートモデルが同時に出品されることになった。

ハイパーカーの先駆け、ジャガーXJ220ベースのホモロゲートモデルとは?

 ジャガーXJ220が1988年の英国国際モーターショーでアンヴェールされた時、世界中のエンスージアストは騒然となった。

 グループCレースカーゆずりの6.2L V12エンジンで4輪を駆動する。そんなスペックを聞きつけたエルトン・ジョンやロッド・スチュワートなどのクルマ好きセレブリティまでが、購入権を確保するために5万ポンドの手付金を払ったという。そして予約解禁後わずか1時間足らずで、約1500人がXJ220の予約注文を行ったといわれている。

 ところが「TWR(トム・ウォーキンショウ・レーシング)」とジャガー本社の合弁による「ジャガー・スポーツ」社に移管され、生産化プロジェクトが本格始動したころには、世界的な好景気は後退。しかもXJ220は、生産に入るまでにシリンダーの半分、排気量のほぼ半分、およびフロントの駆動輪が失われていた。それらの要因が相まって、生産型XJ220の生産台数は、当初予定していた350台を大きく下回る、281台に終わってしまう。

 それでも、同じくグループCカー譲りの3.5L V6ツインターボで武装された生産型XJ220は、213mph(約342km/h)の最高速度を記録。マクラーレン「F1」によってその座を奪われるまで、世界最速市販車の地位を謳歌した。

 この高性能を誰よりも熟知していたTWRが、XJ220を擁したル・マン参戦へと目を向けたのは当然の成り行きだったにちがいない。1993年5月に、IMSAル・マン・シリーズ仕様に仕立てたGTクラス用マシン、XJ220Cが発表される。

 そして同年6月にはル・マン24時間レースに3台体制でエントリー。うち2台はリタイアしながらも、デビッド・ブラバム/デビッド・クルサード/ジョン・ニールソン組がドライブする残りの1台は、総合15位/GTクラス優勝を果たしたかに見えた。ところが、1カ月後にレギュレーション違反が発覚したとの理由で失格となってしまった。

 しかしTWRは、3台の耐久レース用マシンに加えて、GTホモロゲーションに準拠した5台のロードゴーイング版を製作。XJ220Sと名づけ、1993年の「オートスポーツレーシングカーショー」で世界初公開した。

 今回「LONDON」オークションに出品されたシャシーナンバー#220779は、その5台のうちのひとつ。XJ220Cと同じく、ドアスキンを除くアルミ製のボディワークが取り外され、カーボンファイバー複合材で形成されたパネルに置き換えられた。また、フロントバンパーは大型のエアスプリッターとされ、リヤには調整可能な大型ウイングも設けられている。

 これらの大規模なモディファイにより、XJ220Sはダウンフォースを拡大しただけでなく、車両重量を1080kg弱に削減。3498ccのV6ツインターボエンジンも、標準のロードカーから138psもパワーアップを果たし、680psを生み出したといわれている。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS