クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • キャンプ場で「センスがいい」と思われる「ちょい古」国産SUVは? 「エレメント」に「FJクルーザー」などオススメです
OUTDOOR
share:

キャンプ場で「センスがいい」と思われる「ちょい古」国産SUVは? 「エレメント」に「FJクルーザー」などオススメです

投稿日:

TEXT: 青山尚暉(AOYAMA Naoki)  PHOTO: AMW編集部

スバルXV 

 スバルにも、ぴったりな1台がある。それは、最新型では世界共通の「クロストレック」にネーミング変更された、スバルXVである。その3代目(2017~2022年)は、インプレッサスポーツをベースにした「Fun Adventure」コンセプトにしたクロスオーバーSUV。

 4WDにはスバル自慢の悪路や雪道での脱出性能を高めたXモードを搭載。当時のSUV派は、フォレスターの代わりにはならない……とソッポを向いていたかもしれないが、最低地上高200mm+スバルのAWDによる悪路の走破性はクラス最強だ。

 ラゲッジルームはインプレッサスポーツと変わらないスペースながら、コンパクトワゴン並みの積載性があった。しかし、最大の特徴は全高が1550mmと、立体駐車場への入庫が容易な点。アウトドアではもちろん、日常使いの便利さを併せ持った、数少ない本格クロスオーバーSUVなのである。

トヨタFJクルーザー

 エクストレイルやXV以上にギヤ感あるちょい古な1台と言えば、トヨタ「FJクルーザー」(2006~2018年)があった。国内では初代限りで姿を消してしまったぐらいで、それほどの人気は得られなかったのだが、海外ではなかなかの人気モデルだったのである。

 日本でブレークしなかった理由のひとつが、上記のエレメント同様、観音開きドアにあったようだ。ピラーレスでリアドアだけを開けることができない構造なのである(リアドアを開けるには、先にフロントドアを開けなければならない)。

 もちろん、車内は防水防汚仕様で、ワイルドなエクステリアデザイン同様に、タフに使えるところが大きな魅力。ちなみにパワーユニットは4L V6である。もっとも、今では中古車がほぼプレミアム価格になってしまっていて、2011年式で200万円台前半~、最後期の2018年式だと400万円を超えてしまうのが難点だ。とはいえ、それだけレアなモデルとも言え、アウトドアフィールド、キャンプシーンで目立つこと請け合いである。

12
すべて表示


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS