クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • スバル「レックス ブーストギア コンセプト」はザラザラボディ! 「ラプター塗装」がカスタムトレンド入り【東京オートサロン2023】
CUSTOM
share:

スバル「レックス ブーストギア コンセプト」はザラザラボディ! 「ラプター塗装」がカスタムトレンド入り【東京オートサロン2023】

投稿日:

TEXT: 今泉 史  PHOTO: AMW編集部

  • スバル レックス ブーストギア コンセプトのフロントスタイリング

積極的にトレンド要素を組み込んでいく予定

 SUBARUは2023年1月13日から3日間開催された東京オートサロンにて、スバル初の小型SUVとなる「レックス」のコンセプトカー「レックス ブーストギア コンセプト」を発表しました。

 レックスという車名を聞くと、懐かしいと感じる方も多いかもしれません。それもそのはず、レックスの名は30年ぶりに復活した名前だからです。ここで少しレックスの歴史を振り返ってみましょう。

 かつてのレックスは、1972年にR-2のモデルチェンジ版として登場してから1992年までの20年もの長きにわたり販売された軽自動車でした。スズキ「アルト」やダイハツ「ミラ」のライバルとして進化していきましたが、後継モデルとなる「ヴィヴィオ」の登場とともに販売を終了しています。今回のレックスは、ダイハツ「ロッキー」のOEM車として生まれ変わっての登場です。

街乗りときどきアウトドア派にオススメ

 コンパクトSUVのクロストレックと比較してひと回りほど小さなレックスは、アウトドアのヘビーユーザー向けというよりは、普段の街乗りと時々アクティビティを楽しむユーザーに目線を合わせたクルマです。今回のコンセプトカーでも、クロストレック ブーストギア コンセプトに比べて、外装のアグレッシブ感が控えめなカスタムが施されていました。

 どちらかと言うとファッショナブルなイメージを持ったクルマです。とは言いつつ、最近の流行りであるSUVとマッドタイヤを組み合わせたカスタムがされており、BBQで河原に降りるくらいのライトなアウトドアはこなせる仕様でした。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS