クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • MTBユーザー御用達スバル車が登場! 「スバル クロストレック ブーストギアコンセプト」はすぐにでも市販化希望します
CUSTOM
share:

MTBユーザー御用達スバル車が登場! 「スバル クロストレック ブーストギアコンセプト」はすぐにでも市販化希望します

投稿日:

TEXT: 今泉 史  PHOTO: AMW編集部

  • 高い機能性パーツを数多く備えたクロストレックブーストギアコンセプトは会場内でひと際目立っていた

機能性を重視したパーツが多く取り付けられている

 2023年1月13日から15日まで開催された東京オートサロン2023。SUBARUブースには、2022年12月に発表した新型「クロストレック」をベースに、アクティブライフへの冒険心をかき立てる仕掛けをちりばめたBOOST GEARコンセプトカー「クロストレック ブーストギアコンセプト」を展示しました。

 今回の取材では、アクセサリー企画部の近藤太郎氏に同車のお話を聞くことができました。

「クロストレックやスバルのSUVに乗っているお客さまが、どのようなクルマの使い方をされているかを想像し、調べて、カタチにしたクルマです。制作テーマはマウンテンバイクを趣味にしているユーザーをイメージしてみました」

前後のフェンダーにはカメラなどを取り付けられるバーを装着

 スタンドにかけられたマウンテンバイクは、これから工具を使って調整する場面を再現。通常ならば工具箱を地面に置いて、しゃがんだり立ったりを繰り返しながら作業をしますが、Cピラーにマグネットカバーを取り付けることによって、工具をくっつけておける仕様になっています。立ったままの姿勢でメンテナンス作業を進められ、疲労軽減や作業の効率化が図れます。

 また前後フェンダーには、バーが取り付けられていました。このバーは、太さが自転車のハンドルと同じ径で作られており、GoProなどのアクションカメラのクランプ(固定具)を純正品から替えずに取り付けることができます。

 吸盤タイプよりも外れにくく、取り付けたまま安心して川渡りや悪路走行などのシーンを撮影することが可能です。さらに、犬のリードをくくりつけておく場所としての活用もOK。愛犬との楽しい時間を安心して過ごせる嬉しい機能性パーツですね。

 ドアのサイドモールは開閉式で、開くとテーブルとして使用可能です。地面に置きたくないような小物などを置くのにピッタリ。コンセプトカーには、サングラスと曇り止めが置かれていました。もちろん通常のドアパンチを防ぐプロテクターとしての役割も果たしてくれます。

 ドア下部のモールは、プロテクター用パーツでテーブルとしての機能はありませんでしたが、こちらも悪路走行時の傷つきからしっかりクルマを守ってくれそうです。このテーブル機能を持つサイドモールは、クロストレック ブーストギアコンセプトのデザイナーがマウンテンバイクの趣味を持っており、その方が自分だったらこんな機能が欲しいという思いから生まれたパーツとのこと。

 キャンプをテーマにしたパーツは他メーカーのクルマでも開発されていますが、マウンテンバイクに絞って開発されたところに、スバルらしさを感じられます。

ドアステップは海外で話題に!?

 ドアの下部にはステップが装着されていますが、ルーフへの荷物の積み下ろしをサポートするパーツでした。ステップがないと、ドアを開けて室内に足をかけてルーフにアクセスすることが多いと思いますが、駐車場など隣にクルマがある状態ではドアを広く開けにくいため、ドアを閉じたままルーフへの積み下ろしをしやすくするために開発されたそうです。走行中もステップは出たままの状態になるとのことでした。

「先行してスバルの公式アカウントからTwitterでこのクルマを告知したときに、海外ユーザーからインスタグラムへ転載され、そこでアメリカなどの海外ユーザーからステップが付くことで車高が下がってしまうことに対してネガティブな反応があったんです。とくにアメリカのお客さまは不整地をガンガン走って楽しむような方も多くいらっしゃるので、お客さまの声を聞くことは大切だと感じました」と近藤氏は話してくれました。

 メリット面だけではないということに気付かされた瞬間だったそうです。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS