クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • スズキ「ジムニー」のオープンモデル!? 屋根もドアも大胆カットした本格オフローダーの正体は?
CUSTOM
share:

スズキ「ジムニー」のオープンモデル!? 屋根もドアも大胆カットした本格オフローダーの正体は?

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭  PHOTO: 佐藤 圭

  • エヌズ・ステージのジムニー

  • 左右のドアはパイプでワンオフ製作。走行時の剛性感や乗員の安全性に配慮したデザインだ

  • アグレッシブなリアビュー
  • エヌズ・ステージのジムニー
  • エヌズ・ステージのジムニー

2023年の東京オートサロンでもジムニーは超人気

 2023年1月13~15日に開催された、東京オートサロン2023。今年もスズキ「ジムニー」は現行型を中心に百花繚乱だったが、とくに目を引いたのは「エヌズ・ステージ」が出展した、大胆なボディ加工を施したJB64のコンセプトカーだ。

ボディを大胆カットしてアグレッシブな外観に

 製作のテーマは「ジムニー型バギー」とのことで、屋根が開くいわゆるオープンカーではないものの、かつて存在したソフトトップ車に負けない開放感、そして高い走破性と安全性にもこだわったという。

 まずは異彩を放つボディメイクから解説する。左右のドアにリアウインドウおよびリアゲート、外板をカットしてロールケージを装着した。パイプのレイアウトもボディ剛性を落とさないのは当然として、閉塞感がなく開けた視界が確保できるようにデザイン性も追求。

アグレッシブなリアビュー

 またエアロパーツは、ヴァルド「ブラックデザイン」の前後バンパーとオーバーフェンダー、ボンネットスクープカバーにフロントルーフスポイラーなどで重厚でタフな雰囲気を演出する。ルーフもオリジナルのFRPに交換して低重心化、個性的な形状の大型リアウイングもオリジナルだ。

 カーライフアドバイザーの上原さんによると、

「派手なルックスにばかり注目されますが、ジムニー本来の魅力であるオフロードの走行性能にも妥協していないんです」とのこと。

しっかりとオフロードを走行できる性能をプラス

 エヌズ・ステージは地元の岩手県にオフロードコースを所有しており、そこでお客さんを乗せて走らせることも目的のひとつだという。サスペンションはジャオスのスプリングとオーリンズのダンパーを組み合わせたオリジナルのキットとして製作。リーディングアームとトレーディングアームも、ハイブリッジファーストの強化品となっている。

 ホイールは東京オートサロン2023で初披露されたワーク「クラッグ・ガルバトレ2」をいち早く装着し、競技でも性能に定評があるトーヨー「オープンカントリーM/T」を組み合わせる。サイズは前後とも8J×16で、タイヤは245/75R16。ディープリムに5本スポークで力強さと軽快さをアピールし、鋳造3ピースの常識を覆す軽さもチョイスした大きな理由だ。

 続いてインテリアに目を移そう。リアを含めシートはフルバケットのレカロ「RCS」に交換し、3インチ幅で身体への負担が少ない4点式シートベルトも装備。後席はシートレールではなくフロア加工でポジションを下げ、重心を低くしフル乗車時も安定感を損なわないよう工夫されている。

 パワー系のチューニングはエンジンこそノーマルだが、オリジナルのパフォーマンスECUをインストール済み。マフラーはヴァルド製で、ワンオフしたサイドのデュアル出しとなる。ロールケージやボディ全面のラプター塗装を加味しても、車重はノーマルより若干ながら軽くなっているらしく、現状ではタービン交換など極端なパワーアップは考えていないそうだ。

 エヌズ・ステージが作り上げた「N’s Limited JIMNY 660 CRAWLER」は、斬新なエクステリアと質実剛健な走りや安全性をすべて備えた、ジムニーのさらなる魅力を掘り起こすコンセプトカーだ。

  • アグレッシブなリアビュー
  • エヌズ・ステージのジムニー
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS