クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 5ナンバーサイズでたくさん荷物が積めるクルマは? いま新車で買える「有能コンパクトカー」9選
OUTDOOR
share:

5ナンバーサイズでたくさん荷物が積めるクルマは? いま新車で買える「有能コンパクトカー」9選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉(AOYAMA Naoki)  PHOTO: AMW編集部

5ナンバーサイズとは思えない荷物の収納力

大きな荷物を余裕で積めるクルマ……それは3ナンバーサイズの中大型ワゴンやミニバン、SUVだけではない。実は、5ナンバーサイズでも、アウトドアなどで活躍してくれる、荷物がたっぷり積めるクルマがあるのだ。今回は、現在販売されているモデルを紹介していこう。

ホンダ フリード+

まずは5ナンバーサイズのコンパクトミニバンの2列シート仕様に注目だ。今、売れに売れているミニバンのホンダ・フリードの2列シート仕様がフリード+。ラゲッジルームの開口部地上高は335mmと素晴らしく低く、フロア奥行きは最大1035mm、フロア幅最大1270mm(ボード使用時)、高さ最大1360mm、後席格納時の最大奥行き1890mmと、5ナンバーサイズとは思えない荷物の収納力、車中泊の適合性を備えている。

トヨタ シエンタ

ライバルのトヨタ シエンタにも2列シート仕様があり(先代はFUNBASEと呼ばれていた)、こちらもフリード+同様に大容量ワゴンと呼べる荷物の積載力の持ち主だ。ラゲッジルームの開口部地上高は565mmと世界のステーションワゴンの平均値620mmよりずっと低く、フロア奥行きは840mm、フロア幅最大1265mm、高さ1055mm、後席格納時の最大奥行き2045mmと、これまた中型ワゴン真っ青なラゲッジ容量、荷物の積み込みやすさが実現されているのだ。

どちらも両側スライドドア車だから、バックドアからだけでなく、スライドドアからも荷物を出し入れしやすいのも大きな特徴だ。

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー

いやいや、アウトドアに荷物をいっぱい積んで行きたいから、ミニバンじゃなくて、5ナンバーでもSUVタイプがいい……というなら、迷うことなくトヨタ ライズ、ダイハツ ロッキーだ。

一見したところラゲッジルームはそれほど広く感じないのだが、ラゲッジルームの開口部地上高700mmはSUVとしては低めで、フロア奥行き755mm、フロア幅最大1000mm、高さ865mm、後席格納時の最大奥行き1330mmと、5ナンバーのSUVとしては立派な広さ、容量だ。ダイハツ ロッキー

しかも、ガソリンのFF車であれば大容量80Lもの床下収納があり、上下で449Lもの容量が確保されている。床下に普段使わないものを入れておく、アウトドアなどで汚れた荷物をフロア上の荷物と分けて入れる……などの使い勝手も抜群と言っていい。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS