クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • どうしてクラシック・チンクエチェントと「一緒に暮らすようになったのか」まずはその理由から語ることにしよう【週刊チンクエチェントVol.1】
CLASSIC
share:

どうしてクラシック・チンクエチェントと「一緒に暮らすようになったのか」まずはその理由から語ることにしよう【週刊チンクエチェントVol.1】

投稿日:

TEXT: 嶋田智之(SHIMADA Tomoyuki)  PHOTO: 嶋田智之

500evが引き寄せた運命のいたずら

名古屋の「チンクエチェント博物館」が所有するターコイズブルーのフィアット500L(1970年式)を自動車ライターの嶋田智之氏が日々のアシとして長期レポートをする「週刊チンクエチェント」。第1回は「フィアット500と一緒に暮らすようになったきっかけ」をお届けする。

トラブルに遭遇しても絵になるチンクエチェント

2021年4月22日の19時を少し過ぎた時間。僕は大阪方面に向かう新名神高速道路、菰野インター手前2km付近のガードレールの外側に立っていた。目の前の路肩にヘタリ込んでるチンクエチェントは、リアのエンジンフードのルーバーから黒い涙を流し、エンジンの真下あたりにオイル溜まりができてるように見える。このクルマに乗ってトラブルに遭遇したのは初めてというわけじゃなかったが、これはもうさすがに走れないやつだ。

救援に来てくれるというチンクエチェント博物館の深津館長のフィアット パンダとレッカーを待つ間、そんな状況にあるというのに、僕はぼんやりとこんなことを思ってた。

「いや、このクルマ路肩も似合うよなぁ……」

フツーの人からしたら、ただのアホにしか思えないだろう。でも掛け値なしに、僕はそう感じてたのだ。編集者時代から仕事の上でも個人的にも路上で往生なんていうのは何度となく経験していて、トラブル慣れしてるのはたしかだ。多少のことでは動揺などしない。けれど、最も大きな理由はほかにある。実際のところ、ホントにどこに置いても絵になるヤツなのだ。それに、いかなるときでもなごんだ気持ちにさせてくれるクルマでもある。1957年に生まれたこのちっぽけなクルマの、それはおそるべき魔力のひとつなのだ。

EVコンヴァートしたクラシック・チンクエチェントがなければ連載は実現しなかった!?

その抗いがたい魅力を持つチンクエチェントことフィアット500と一緒に暮らすようになったのは、ほんのちょっとしたことがきっかけだった。この出来事の半年ほど前、2020年10月29日のこと。チンクエチェント博物館がクラシック・チンクエチェントをEVにコンヴァートした1台をヨーロッパから持ってきて、フィアット500の新しい楽しみ方のひとつを日本国内に紹介する意味で、一部のメディアに向けた試乗会を行った。このコンヴァージョンEVについてはあらためてお伝えするつもりなのだけど、ともあれ、僕も声をかけていただいたわけだ。

僕はチンクエチェント博物館の皆さんとは古くからお付き合いをさせていただいていて、博物館主催のクルマ好きのためのイベントでずっとトークの仕事をさせていただいてたりもする。その関係でコンヴァージョンEVに日本のナンバープレートがついた直後に、テストに呼んでいただいている。つまり試乗済み。そのうえ僕はフリーランスのモノ書きであり、媒体そのものを持ってはいない。そこでもともとは同じ出版社の後輩であり、当時は別のWebメディアの編集長をつとめていた現AMW編集長の西山くんを誘い、会場だった東京・台場のガレーヂ伊太利屋さんにお邪魔した。

当日の現場には、サイモンくんというニホンジンなのにガイコクジンのような苗字を持った男が、エンジン版のチンクエチェントに乗ってきていた。彼が管理してる博物館の東京におけるデモカーで、いうまでもなくEV版との比較試乗用だ。ここでこれまで縁がなくフィアット500に乗ったことがなかった西山くんにそっちの方も体験してもらう。かつてはスーパーカーやスーパープレミアムカーを扱う雑誌を作ってたからどうかな……? と思ってたのだが、戻って来た彼は「信じられないくらい遅いけど何か楽しい」と満面の笑みだ。その彼が今では『FIAT & ABARTH fan-BOOK』の編集長も兼任してるのだから、運命ってヤツはおもしろい。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS