クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 358万円でキッチンとトイレ付き! 日本仕様に改良された牽引免許不要の「キャンピングトレーラー」とは
OUTDOOR
share:

358万円でキッチンとトイレ付き! 日本仕様に改良された牽引免許不要の「キャンピングトレーラー」とは

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔

  • Indiana RV社が出展していた小型キャンピングトレーラー「インディアナ300」
  • 左側通行の日本仕様となっているため、左側面にドアが備わる
  • 車両重量は670kg程度なので牽引免許も不要で、一般的な乗用車でも十分に牽引が可能だ
  • スペアタイヤや燃料タンクなどを格納できる大型収納スペースが車体前方にある
  • 前後左右4面に跳ね上げ式の大きな窓が備わるため、車内はかなり明るく風通しが良い
  • 前後左右4面に跳ね上げ式の大きな窓が備わるため、車内はかなり明るく風通しが良い
  • 前方にダイニングテーブルとソファがあり、これが組み替えることでベッドになる仕組み。今回紹介しているタイプで2名が就寝可能だ
  • 天井には採光窓&通気口も備わる
  • キッチンにはシンクやカセットガスで駆動するバーナー、3WAYの冷蔵庫などがコンパクトにまとまっている
  • トイレには手動のラップ式トイレを装備
  • 後部にはキッチンとトイレを配置
  • Indiana RV社が出展していた小型キャンピングトレーラー「インディアナ300」

自家用車で牽引できる小型軽量なキャンピングトレーラー

2023年10月21日~22日に神奈川県のパシフィコ横浜で開催された「横浜キャンピングカーショー2023」から、気になるキャンピングカーをピックアップ。今回はIndiana RV社がプロデュースする小型キャンピングトレーラーを紹介しよう。

軽量でコンパクトな車体は駐車スペースにも困らない

キャンピングトレーラーは動力を持たないため、保管場所さえあれば比較的リーズナブルに入手できるだけでなく、これまで所有していた車両を改造することで、そのまま牽引することも可能。とくにこの「インディアナ300」というコンパクトなシリーズは重量も750kg以下となるため、牽引免許も不要で一般的な乗用車でも十分に牽引が可能。比較的簡単に導入することができるのだ。

丸みを帯びたボディは断熱材を挟み込んだグラスファイバー製で、内装によって若干異なるが、車両重量は670kg程度。軽量なので、牽引する車両も一般的な乗用車で十分というわけだ。

トレーラーの全長は連結部分を含めて450cm、全幅は205cm、全高255cmと決して大きくないサイズ。駐車スペースにも困らないはずだ。左側通行の日本仕様となっているため、左側面にドアが備わり、前後左右4面に跳ね上げ式の大きな窓が備わるため、車内はかなり明るく風通しが良いのが特徴だ。

コンパクトな車体ながら必要な装備は全て完備

車内に入ってみると、前方にダイニングテーブルとソファがあり、これを組み替えることでベッドになる仕組み。今回紹介しているタイプで2名が就寝可能だ。後部にはキッチンが備わり、シンクやカセットガスで駆動するバーナー、3WAYの冷蔵庫などがコンパクトにまとまっている。またその隣のトイレには手動のラップ式トイレを装備。コンパクトな車内ながら、必要なものは全て揃っていると言えるだろう。

ちなみに車内の各部に収納が設置されているほか、スペアタイヤや燃料タンクなどを格納できる大型収納スペースが車体前方にあり、全体的な収納力もかなり高いようだ。

日本の環境に合わせた改良が使い勝手の良さに直結

Indiana RVのスタッフにお話を伺うと、日本のキャンピングトレーラーのほとんどが海外で製造されたものを輸入・販売しているそうだが、同社では日本向けに左側ドアを設置したり、プロパンガスの入手が困難な日本で快適に使用するため、カセットガスを使ったガス供給方式に変更したり、灯油式のFFヒーターを装備するなど、独自の改良を重ねて販売している。これによって国内で無理なく使いやすい仕様になっているというわけだ。

気になる価格は、写真の車両で357万5000円(消費税込)。キャンピングカー購入を考えている人にはかなり魅力的なプライスなのではないだろうか?

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS