クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 高橋国光選手がタイトルを獲ったポルシェ「962C」が富士スピードウェイを激走!「1回走るごとに直しながら乗っています」
SPORT
share:

高橋国光選手がタイトルを獲ったポルシェ「962C」が富士スピードウェイを激走!「1回走るごとに直しながら乗っています」

投稿日:

TEXT: 高桑秀典(TAKAKUWA Hidenori)  PHOTO: 佐藤亮太(SATO Ryota)/奥村純一(OKUMURA Jyunichi)/佐藤正勝(SATO Masakatsu)

  • ドライバーの左側に各種スイッチ類を集約
  • サイドシルが広いので乗り降りしづらい
  • オーナーの諸井さん
  • 豪快な排気音を奏でながらコースイン
  • エンジンはフラット6
  • フラット6エンジンの搭載位置は低い
  • リアサスペンションはロッキングアーム式インボード
  • シリーズタイトルを獲得したマシンそのもの
  • 1989年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権を走っていた962Cだ
  • リアウイングは高い位置に付く
  • グループC2マシンのマツダ 737C-001と競演
  • ジャッキはレーシング仕様
  • 富士スピードウェイを快走する1989年JSPCチャンピオンカーのポルシェ962C
  • 高橋国光選手がスタンレー・ディケンズ選手と走らせていた
  • 富士スピードウェイを快走する1989年JSPCチャンピオンカーのポルシェ962C
  • ホイールは3ピース
  • 軽快な走りでピットを飛び出していった
  • ワイパーはシングルアーム

チーム・タイサンが所有していたマシンそのもの

去る2023年10月29日に富士スピードウェイを会場として『POWER&TORQUE』という名のイベントが開催され、その中で箱車レーシングカーの走行枠が設けられました。『箱車の祭典2023』と銘打って実施された走行枠に参加していたポルシェ「962C」を紹介します。

縁があって現オーナーのもとにやってきた962C

1990年までの純レーシングカーによるClass 1と、1990年までの市販車ベース車両によるClass 2が設定され、前者はGr.CカーやGCカーなど、後者はツーリングカー、TS、ワンメイク車両などが対象となった。

Class 1にエントリーしたアドバンカラーのポルシェ962Cは、1989年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)で、高橋国光選手がスタンレー・ディケンズ選手とコンビを組み、シリーズタイトルを獲得したマシンそのものだ。本物ということは、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権だけでなく、全日本GT選手権(JGTC)においてもポルシェ962Cを走らせたチーム・タイサンが所有していたマシンそのものだ。

現在のオーナーである諸井 猛さんによると、代官山で開催されたル・マンウィークのときにポルシェ962Cを24時間展示しようという話になり、諸井さんはロスマンズカラーのポルシェ962(シュパンポルシェでナンバーが付いている)、チーム・タイサンはアドバンカラーのポルシェ962Cを飾ったのだという。そのときにチーム・タイサン側から「ポルシェ962Cを諸井さんが2台持っていたほうがいいよ」と提案され、2015年に譲ってもらうことになったそうだ。

「一回走るたびに直し、直し、直し……ずっと直しています。元F1ドライバーのティエリー・ブーツェンがドライブしたことがあったのですが、彼の凄い走りによって、このクルマは残りのライフを使い果たしてしまいました。もともと排気量3.2リッターの最終仕様エンジンが載っていたのですが、それを3.0リッターのハイブースト仕様に戻しました。パーツが再販されたので手に入れ、エンジンを造って、2022年に完成。本来は7500rpmがリミットですが、きょうは少し低い7000rpmに設定し、リミットを下げたままコースイン。実際には6800rpmぐらいで走りました。調子はいいです」

日本のモータースポーツ界を黎明期から牽引してきた高橋国光さんは、2022年3月16日に逝去された。今回の箱車の祭典では、ハコスカGT-Rの50勝記念車(1972年式をベースとしたレプリカ)とポルシェ962Cがコースイン。

国さんにゆかりのある2台の走行シーンを一度に拝むことができたので、古くからのモータースポーツファンは感涙ものだった。これからも、こういうイベントが継続開催されることを願うばかりだ。

すべて表示
  • 高桑秀典(TAKAKUWA Hidenori)
  • 高桑秀典(TAKAKUWA Hidenori)
  • 本業はフリーランスのライター兼エディター。1998年に買ったアルファ ロメオGT1600ジュニア(通称:水色号)を現在も愛用しており、すでに総走行距離が30万8000kmオーバーとなっている(2022年4月中旬現在)。クラシックカーラリーに水色号で参戦取材することがライフワーク(?)となっており、群馬をホームタウンとして開催されている「スプレンドーレ」では、柴犬を“ワン・コドライバー”、秋田犬を総監督として挑んでいる。全国各地に水色号でお邪魔しているので、これからも走行距離が順調に伸びる予定。
著者一覧 >


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS