クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「大阪オートメッセ2024」が過去最大規模で開幕! 見どころをダイジェストにしてお届け!「コテコテ」なクルマ文化をご堪能ください
CUSTOM
share:

「大阪オートメッセ2024」が過去最大規模で開幕! 見どころをダイジェストにしてお届け!「コテコテ」なクルマ文化をご堪能ください

投稿日:

TEXT: 山崎真一(YAMAZAKI Shinichi)  PHOTO: 山崎真一(YAMAZAKI Shinichi)

  • 初日の開場前の雰囲気
  • RH9グループのフェニックスパワーはGT-Rをはじめ多数のチューニングカーを披露
  • TEMPLEのシビック2台とASLANの左ハンドル仕様インテグラタイプR
  • AIMGAINはオリジナルエアロを纏ったGR86などを展示
  • フォーミュラドリフトジャパンに参戦するドリフトマシンも並ぶ
  • RS★Rは国内外で人気のA80スープラとトヨタ86を展示
  • BRIDEは注目の最新シートを一挙展示
  • Result JapanのGR86
  • ランボルギーニといったスーパースポーツも!
  • FANATECワールドチャレンジアジアを戦ったBMW M4GT4
  • ディクセルはテストしたブレーキローターを持ち込み高品質をアピール
  • ミリタリー調の4ドアスカイラインの存在感はバツグン
  • 霊柩車も、ある意味カスタムカー!
  • ジムニーの人気は衰えず。大阪でもさまざまなカスタム仕様が並ぶ
  • 特徴的なライトポッドや牽引フックを装備
  • T-DEMANDは新型クラウンを一挙展示
  • 環状族シビックを再現した走り屋仕様
  • 日産自動車はBEAMSとコラボしたROOXを展示
  • オフロード仕様に仕立てた迫力のエクストレイルも注目の的
  • 50周年を迎えるオートバックスはブースで魅力的なコンテンツを展開
  • 名車ガライヤでメカニック体験も可能
  • スーパーカーなどは注目の的
  • 個性的な軽自動車カスタムも大阪ならでは
  • ステージでは有名アーティストのライブやスーパーGTのトークショーなどが開催される
  • 注目のNEWホイールを展示するTWS
  • KUHLレーシングはMY24 GT-Rなど新作エアロ装着者が並ぶ
  • 個性的なジムニーは注目の的
  • 王道仕様から派手仕様までジムニーカスタムはさまざま
  • アウトドア仕様の展示車両も多数
  • 1号館に入ろうとするとリバティーウォークのカスタムトラックがお出迎え
  • 存在感バツグンのリバティーウォークのデモカー
  • ステッカーボムのような個性的なカラーリングのケンメリスカイライン
  • 国産旧車と最新輸入スポーツカーの共演が見られるのも面白い
  • 街道レーサー仕立てと個性的なカラーリングが特徴的なケンメリスカイライン
  • リバティーウォークはアパレルも展開し外国人にも人気
  • AZ-1をベースにF40風カスタムを施している!
  • ダンロップはGT-R NISMO MY24に装着し筑波サーキットで58秒台を記録したSPORTMAXX RSのタイヤと実車を展示
  • レイズはレーシングをコンセプトとした展示
  • レイズブースにはレーシングカーのホイールなども展示
  • 朝から多くの人で賑わった大阪オートメッセ204

660台の魅力あふれるカスタムカーが集結

いよいよ、本日(2024年2月10日)から3日間開催される関西最大級のエンターテインメント・モーターショー「第27回大阪オートメッセ2024」。今年は「オモシロイ・アシタ・ムゲンダイ」をキャッチコピーとして、過去最大となる出展社数(286社)/展示車両台数(660台)がインテックス大阪(大阪国際見本市)に集結。前日の搬入日にすべての号館を練り歩き。気になった車両/アイテムにカメラを向けてパシャリ。会場には東京とは異なる大阪ならではの“こてこて(濃厚)”なカスタマイズの楽しさが詰まっていた。ただし、このスナップは広い会場にあるほんの一部。クルマ好きなら盛り上がれること間違いないので、ぜひインテックス大阪まで足を運んでほしい!

出展者と来場者の距離が近いのが特徴

国内指折りのカーイベントである「大阪オートメッセ」のほかに、千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン」がある。では、この2つのイベントは何が違うのか? 肌感で言えば、東京は「カーショー」であるが、大阪は「お祭り」だ。華やかな催し感ある前者に対して、後者は展示車両が平置きで、大きなショールームといった印象。

また、1年に1度のお披露目の場としてもショップが活用。お客さんとともに「メッセ目指してクルマ作ろうや」「メッセで目立とう、盛り上がろう」という感覚もあり、東京では見ることが少ない“やんちゃ”“ド派手”なクルマたちがあるのも大阪の特徴。

また、一世を風靡した「環状族」の文化を色濃く伝える平成時代のホンダ「シビック」や軽自動車のド派手なカスタマイズ車両が見られるのもオートサロンとは異なる点だ。とにかく、オールジャンルで幅が広く、しかも出展社とお客さん、そして来場者の距離感が近い。好き嫌いはあるが、自分の価値観でカッコよくしたいという志向が強いのが大阪のクルマ文化/カスタマイズだと強く感じる。

環状族のシビック

それは大阪の自動車産業が「モノづくりのまち」として発展したことも大きいかもしれない。とくに東大阪は自動車関連の金属加工業がさかんで、RAYS、WORKなどを筆頭に大小さまざまな企業/ショップが点在している。今もなおアルミホイール/マフラー/エアロパーツなどのアフターパーツが製造され、トレンドを発信し続け、カスタム市場を支え続けているのも大きいだろう。モノつくりの面白さを体験できるのも一つの魅力といえる。

近年は多くの自動車メーカーも数多く参入し、華やかな雰囲気を感じさせるブースも増えたが、大阪オートメッセの王道、根底にあるのは独自の“こてこて”。スタイリッシュではなく、ドロくさい感じなのだけれど、それも含めてオートメッセらしさ。大阪で言う「おもろいなぁ」というテイストで楽しむのが正解なのだ。

2024年も軽自動車からVIPセダン、スポーツカーやスーパーカーなど多彩な展示車両が目白押し。ぜひインテックス大阪に来場してほしい!

すべて表示

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS