クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • OAMで初披露! 日産「キックス」を京都の「WABISABI」で表現した「KOTO」は、期せずしてパイクスピーク参戦車両みたいになっちゃった
CAR
share:

OAMで初披露! 日産「キックス」を京都の「WABISABI」で表現した「KOTO」は、期せずしてパイクスピーク参戦車両みたいになっちゃった

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: 日産自動車大学校(NISSAN AUTOMOBILE TECHNICAL COLLEGE)

  • サイドオーバーフェンダーは東寺の五重塔のアーチをモチーフに制作した「KOTO」
  • 「KOTO」のベース車両は軽自動車キックス
  • ボディカラーは白をベースに差し色として赤を用いた「KOTO」
  • トランスミッションをATからMTに改造した「KOTO」
  • 災害時に悪路を走行することを想定し、車高を4cmアップした「エルグランド GLASSIER」
  • 仲の良い6人家族が乗ることをイメージして制作された「エルグランド GLASSIER」
  • ルーフには大型テント設置する「エルグランド GLASSIER」
  • ヘッドライトはLEDが取り付けられた「SETO」
  • ベース車両のキューブに、ブルーバードのフロントフェイスとテールランプをあしらう「SETO」
  • 姉が友達と自由気ままな旅行に行くシーンを想定し、天井にはバケットを装着した「SETO」
  • 日産自動車大学校の学生と「SETO」
  • 自動車ショーに初出展となる「KOTO」
  • 日産自動車大学校の学生と「KOTO」
  • フロントにはエクストレイルのフェイスを採用した「エルグランド GLASSIER」
  • 「過去と現在の架け橋」をコンセプトに制作された「SETO」
  • フロントグリルは千本鳥居をイメージした「KOTO」

自動車整備・カスタマイズ科4年生の学生が制作

日産自動車大学校は2024年2月10日(土)から12日(月)までインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2024」に出展します。展示される京都校の自動車整備・カスタマイズ科4年生が制作した3台のカスタマイズカーを見ていきましょう。

京都のWABISABIを表現した「KOTO」

東京オートサロン2024にも出展した日産自動車大学校。会場では実際に車両を制作した学生がブースに立ち、制作時の思いを熱心に話してくれたのが記憶に新しい。半年間かけて制作されたカスタマイズカーは綿密に練られたコンセプトが特徴的で、学生ならではのアイデアあふれる刺激的なクルマたちである。

今回初出展となる「KOTO」も要注目の1台だ。車両コンセプトは、学生の感性が捉えた「京都のWABISABI」。京都の由緒ある建築物から着想を得てデザインしている。フロントグリルは、1300年の歴史を持つ伏見稲荷大社が誇る、圧巻の千本鳥居をイメージ。サイドオーバーフェンダーは東寺の五重塔の屋根の優美なアーチをモチーフに制作した。

ベースとなる車両は2012年まで販売されていた日産「キックス」。三菱「パジェロミニ」のOEMであり、コンパクトなボディと高い走破性を持つキックスは、狭い道やアップダウンが多い京都にぴったりのモデルだ。古都・京都の名所をキビキビと走れるように、トランスミッションをATからMTに変更し、学生の理想とするクルマに仕上げられた。

インテリアは神社仏閣を想起させる高貴な赤と紫の革張りを施すとともに、ドアスピーカー部分を障子の格子にみたて、京都らしい模様をあしらっている。ボディカラーは、晴天の空をイメージした明るい白をベースに差し色として太陽を表現する赤を用い、晴れた京都の街並みを爽快に走り抜けるような活発なイメージに仕上げている。

今ドキ感のある一直線のテールランプをあしらった「エルグランド GLASSIER」

車両コンセプトは、「紡ぐ」。両親と2人の兄弟と祖父母、仲の良い6人家族が乗ることをイメージして制作したという。家族全員でキャンプを楽しみ、笑顔が絶えないクルマということを目指すとともに、アウトドアを満喫しながら家族の絆を深めてほしいという願いを込められている。また、災害時に悪路を走行することを想定し、車高はベース車両の「エルグランド」(E52)から4cmアップ。ルーフには大型テントも設置してあり、万が一の時に大切な家族を守れる。

フロントは、オフロード感を出すために「エクストレイル」(T33)のフェイスを採用、リアは学生らしい「今ドキ感」を感じさせる一直線のテールランプをあしらい、スタイリッシュな印象に仕上げた。ボディカラーは、夜明けをイメージして学生がオリジナルで調色。夜から朝にかけて広がる幻想的なグリーンをベースに、朝焼けの雲に照らされるオレンジを差し色としてリップスポイラーやサイドステップ、インテリアに施している。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS