クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
CLASSIC
share:
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?

ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 4万6000ユーロ(邦貨換算約740万円万円)で落札されたジープ「ワゴニア」(C)Courtesy of RM Sotheby's

クラシックSUVの人気はホンモノか?

フランスの首都パリにて毎年行われるクラシックカー・トレードショーの世界最高峰「レトロモビル」では、オフィシャルオークションに相当する仏「ARTCURIAL(アールキュリアル)」社を筆頭に、国際格式の大規模オークションが複数開催される。そんな状況のもと、クラシック/コレクターズカー・オークション業界最大手のRMサザビーズ欧州本社がこの1月31日に開催した「PARIS」オークションでは、レトロモビルに訪れる目の肥えたエンスージアストを対象とした、レアなクラシックカー/コレクターズカーたちが数多く出品されたのだが、今回はフランスを舞台としたオークションとしては、ちょっと変わり種のクルマ。ジープの元祖「ワゴニア」をご紹介しよう。

28年も生産されたロングセラーの開祖

第二次世界大戦の戦場で、文字どおり縦横無尽の大活躍を果たしたウィリス「ジープ」。戦後は民生用としても生産・販売され、より対候性を重視したバン・ワゴン型も開発されてゆく。その「ウィリス・ジープ・ステーションワゴン」のさらなる後継車として、また1963年モデルとして1962年11月に登場した「ジープ・ワゴニア」は、頑丈なヘビーデューティ性に快適性も兼ね備え、先代モデルとは一線を画していた。

この新時代のクロスカントリーカーは、工業デザイナーのブルックス・スティーブンスが主導でデザインワークを行い、ウィリスのエンジニアリングスタッフが技術開発を担当したといわれている。

メインストリームの顧客層にアピールするために、ワゴニアでは比較的低い車高を選び自動車のような乗りやすさも追求。トランスファーケースとコンパクトなランニングギア設計もあわせて、フロアの高さを最低限に抑えて居住性の向上を図っていた。

また、当初はジープ・ステーションワゴンと同じく、独立式フロントサスペンションを装備。サスペンションのチューニングにより乗り心地は良くなったいっぽう、トラックとしての需要も要求されたことから、必要に応じて牽引することもできる頑強なシャシーを用意し、2輪駆動と4輪駆動の双方がラインアップされていた。

パワーユニットとして選ばれたのは、公式カタログ曰く「ガッツあふれる」230キュービックインチ、つまり約3.8Lの「トルネード」ユニット。オーバーヘッドカム(SOHC)機構を持つ直列6気筒エンジンは 142ps を発生し、当時としては燃焼効率が高いことで注目されたという。

そして3速コラムのマニュアルトランスミッションにくわえて、この種のクルマとしては初の3速コラムATが採用されていたのも、重要なトピックであろう。

快適性とヘビーデューティを両立するために作られたこのモデルの基本設計は、「カイザー」から「AMC」、さらに「クライスラー」という親会社の変遷、あるいはV8エンジンを搭載し、より豪華さを増すなどの変遷を経たものの、1991年に「グランドワゴニア」として生産を終えるまでほとんど変わることはなかった。

ただ、日本への正規輸入は無いまま終わったと記憶しているが、それでも1980年代末から90年代半ばにかけては並行輸入されたグランドワゴニアが、日本国内でもオシャレな人たちの間で、ちょっとしたブームとなったことをご記憶の方も少なくないだろう。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS