「ハリアー」の記事一覧

「ハリアー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

自由度が高いぶん複雑! 難解すぎるトヨタのディスプレイオーディオを紐解く

細分化される画面サイズや標準装備メニュー 「ディスプレイオーディオ“レス”」仕様にも注目 ディスプレイオーディオは機能が多彩なだけでなく、車種によって設定される画面サイズやサービスが異なるため、複雑に感じてしまう。そこで.…

続きを読む...

オジサンにはしっくりくる「RV」とは何が違う? いま流行の「SUV」は名前が変わっただけじゃなかった

RVからSUVへと移行した四駆ブームの歴史 RV=レクリエイショナル・ヴィークルという言葉が流行ったのは、1980年代だ。81年に、いまは商用車しか生産していないいすゞから、ビッグホーンという四輪駆動車が発売され、翌年に...

続きを読む...

「セルシオがLS」になり「アリストがGS」になっても「ハリアーがLEXUS化」しないワケ

レクサス化すると日本名は消滅するのが普通だが…… レクサスといえばトヨタの高級ブランドとしておなじみだが、その販売網は1989年、まずアメリカで整備された。そのいっぽうで日本国内の展開は2005年から。これだけのタイムラ...

続きを読む...

トヨタ、新型「ハリアー」を公開 7年ぶりのフルモデルチェンジで変わること

エンジンは2タイプ、2020年6月発売へ トヨタは、2020年6月頃に発売を予定しているミドルクラスSUVの新型「ハリアー」を公開。4代目となったハリアーは、7年振りのフルモデルチェンジとなる。その詳細をみていこう。 ま...

続きを読む...

おとなしい見た目のわりにパワーのギャップが激しい! パワフルなクルマ5選

「羊の皮をかぶった狼」と呼べるクルマ 見た目は普通なのにパワフルなエンジンを積んだクルマのことを「羊の皮をかぶった狼」と表現するのは、ど定番といえるおなじみのフレーズですが、この言葉が生まれたのは1964(昭和39)年と...

続きを読む...

平成はクルマ戦国時代だった!? 時代の寵児と言われた勝ちクルマ5選

ミニバンブームからエコ技術まで 長きに亘った平成もピリオドを打とうとしています。そんな平成でいまに続くムーブメントや一時代を築いたクルマなど、大きな影響を与えた国産車を振り返れば、平成の時代の流れが分かってきます。それ…

続きを読む...

ハリアー乗り必見!! 「貼るだけ」で室内の高級感アップが実現可能に

純正ライクに後付け感を解消したレザー張りのインテリアパネルトヨタ・ハリアーの室内には、上質感たっぷりなレザー張り仕様が採用される。しかし、ダッシュボードまわりにこそ与えられるが、その下にあるインテリアパネルにレザーは採…

続きを読む...

「後期型ハリアー」へ待望のボディキット、プレミアム感と重厚感を静かに高める

プレミアムスポーツに仕立てられるハーフタイプがWALDから発進!ハリアーは、トヨタブランドの誇る高級SUVである。「WALD(ヴァルド)」が、マイナーチェンジ後のハリアーに与えたプログラムを見ていると、そんな言葉がアタマ...

続きを読む...

1 / 3123