「スーパーカーニバル2017」で見つけた、スペシャルなハイエース&キャラバンカスタム (1/6ページ)

ユーザー投票ナンバー1&編集部のハートに刺さったカスタムモデルをピックアップ

ハイエーススタイル、ワゴニスト、Kスタイルの3誌合同で開催した「スーパーカーニバル2018」。
そこに集まったカスタムハイエースの中から、ユーザー投票ナンバー1になったクルマと、編集部スタッフのハートを捉えた車両をピックアップ。それぞれ個性的でオーナーの想いがこもったスタイリッシュなハイエース&キャラバンをご覧いただこう。

 

カーニバルユーザー投票ナンバー1を獲得!!
HIACE style Vol.69表紙を飾る!

3型から4型へのフェイスチェンジを行い、『ヴォーグ』フルエアロで武装したはまっちょサンのトヨタハイエース。もちろん、エアロパーツはスタンダードをそのまま装着したのではなく、フロントバンパーのダクト、フォグランプ周りを加工、ヘッドライト、グリルなどはスモークメッキ塗装を施し、リア周りはゲートをスムージングし、そのためナンバープレートをリアバンパーへと移設している。
インテリアは、ピラー周りから上をすべてアルカンターラに張り替え、「クラフトプラス」のセンターコンソール、「クールアート」のベッドキットなどを装備。なんといってもオリジナルのシャンデリアが超目立っているワゴンGLだ。スーパーカーニバル2017、ユーザー投票ナンバー1、ヴォーグ

 

フロントバンパーはフォグ周りなど加工を施し、ヘッドライトのインナー、フロントグリルなどはスモークメッキ塗装を実施。ホイールのリムもオリジナル塗装を行い特徴を出している。

フロントバンパーサイドのダクト加工、リアゲートのスムージングなどオリジナル加工を施し、イメージを変更。「セカンドハウス」の『ヴォーグ』をベースにさらに進化させたスタイリングに仕上げる。

ハイエーススタイルVol.67に掲載されている福島でのイベントでナンバー1に輝いた”千葉ハイエース”を崇拝? するはまっちょサンは、ゲートのここに崇拝の証をとはいえ、普段は見えないんですけどね(笑)スーパーカーニバル2017、ユーザー投票ナンバー1、ヴォーグ

 

インテリアは、「クールアート」のベッドキットを装着し、天井周りはオリジナルでアルカンターラに張り替え、高級感を醸し出す。シャンデリアはオリジナルでなかなか目立つ存在だ。スーパーカーニバル2017、ユーザー投票ナンバー1、ヴォーグスーパーカーニバル2017、ユーザー投票ナンバー1、ヴォーグ

オーナー:はまっちょサン(京都府)
ベース車両:ワゴンGL
Fromセカンドハウス/ガレージプラスワン

「”ユーザー投票でナンバー1はもちろん、夢であったハイスタの表紙を飾ることができて、最高です”というはまっちょサン。スタジオで撮影している自分のクルマに陶酔(笑)していたオーナーさんです」

スーパーカーニバル2017、ユーザー投票ナンバー1、ヴォーグ

スーパーカーニバル2017、ユーザー投票ナンバー1、ヴォーグSPEC
1/2/3/4)ヴォーグ  5)エセックス・ENSM 6)ナンカン・NSⅡ 7)オーリンズ・ショックアブソーバー 10)セカンドハウス・オーバーフェンダー、GPO MOTORING・Gノーズ&ワイパーシェル、ライト&グリルスモークメッキ塗装、リアゲートスムージング、リアナンバープレートバンパー内移設、リアバンパーサイドLEDリフレクター 11)DRスタイル・シフトノブ、インテリアパネル、シートカバー、クールアート・ベッドキット、クラフトプラス・センターコンソール/、オリジナルインテリア張り替え、オリジナルシャンデリアほか

スペック概要:1)フロントスポイラー 2)サイドステップ 3)リアスポイラー 4)リアウイング 5)ホイール 6)タイヤ 7)サスペンション 8)マフラー 9)ブレーキ 10)エクステリア 11)インテリア 12)チューニング 13)オーディオ

 

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー