コンパクト・クロスオーバーモデル「スズキSX4 S-CROSS」安全装備を充実化

コンパクト・クロスオーバーモデル「スズキSX4 S-CROSS」安全装備を充実化

衝突被害軽減ブレーキなど運転支援機能を向上

 スズキは、乗用車とSUVを融合させたクロスオーバーモデルの小型乗用車「SX4 S-CROSS」の仕様を一部変更。主に安全装備を充実させて発売した。

 SX4 S-CROSSは、2017年の意匠変更で力強く迫力のあるエクステリアデザインを採用。広い居住空間としっかり積める荷室スペースを備えたパッケージ、しなやかな走りを実現する足まわりなどを特徴とする1.6リッター直4エンジンを搭載するコンパクト・クロスオーバーモデルだ。
 4WD車には、新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」の採用によって、アウトドアシーンで優れた走破性と走行安定性を発揮。日常からアウトドアまで幅広い用途に対応している。スズキSX4 S-CROSSが安全装備を充実化

 仕様変更の内容は、衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」のほか、フロントシートSRSサイドエアバッグやアダプティブクルーズコントロールなどを標準装備化。スズキSX4 S-CROSSが安全装備を充実化 さらにSRSカーテンエアバッグ、助手席乗員のシートベルト未装着を知らせるシートベルトリマインダー、エマージェンシーストップシグナルなど安全装備を充実した。スズキSX4 S-CROSSが安全装備を充実化

 また、フロントスピーカーは、高音域のオーディオサウンドを再生するトゥイーターが追加され、フロントは4スピーカー、リヤが2スピーカーと6スピーカーシステムという変更も施された。

 SX4 S-CROSSは、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売。価格は、2WD(前輪駆動)が214万560円、4WDは235万6560円(ともに消費税込み)。

スズキSX4 S-CROSSが安全装備を充実化


画像ギャラリー