SUPER GT 2019 FUJI GT 500km RACE「雨の赤旗、のち迫真の大バトル」【画像14枚】 (1/2ページ)

SUPER GT 2019 FUJI GT 500km RACE「雨の赤旗、のち迫真の大バトル」【画像14枚】

ZENT CERUMO LC500とGAINER TANAX GT-Rが今季初勝利

 2019 AUTOBACS SUPER GT第2戦『FUJI GT 500km RACE』決勝レースが、5月4日、富士スピードウェイで開催された。激しい雨での赤旗中断は、開幕戦を思い起こさせるものだったが、雨も降り止み再開された後は、両クラスともに迫真の大バトルを展開。GT500クラスはNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)、GT300クラスはNo.11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)が優勝を飾った。

 

【GT500クラス】

 予選からの5月晴れで明けた決勝日だったが、レースのスタートが近づくにつれて厚い雲が張り出してくる。全車がグリッドに着いた辺りからは、パラパラと小雨が降り始め、路面は完全なウェット状態。そのため、決勝レースはセーフティカー(SC)の先導によるスタートとなり、2周を終えたところでレース開始となる。上位陣は接戦を続けたが、次第に雨が激しくなり、12周を終えたところで再度SCが登場。さらにSC導入中にも2コーナー先でクラッシュする車両があり、15周を終了した時点で赤旗中断となる。SUPER GT 2019 富士 決勝レポート GT500 GT300

 まるで開幕戦のリプレイを見ているようだったが、しばらくして天候は好天。15時33分にSC先導でレースは再開、3周した後にようやくレースが再開されることになった。ポールからスタートしたNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)をリスタート明けにNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)がかわし、さらにNo.37 KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)がこれをかわしてトップに立つ展開で進んでいった。SUPER GT 2019 富士 決勝レポート GT500 GT300

 この時点ではまだコースはウェットコンディションだったが、徐々に路面はドライコンディションへ。予想通り、38周を走り終えた時点で5番手につけていたNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィ)がピットイン、タイヤをスリックに代えると、以後は上位陣が続々ピットインしてタイヤを交換。レースは第二部へと進んでいく。SUPER GT 2019 富士 決勝レポート GT500 GT300

 ここから先は、各所でバトルが繰り広げられるが、トップ争いは次第に、No.23 MOTUL AUTECH GT-RとNo.38 ZENT CERUMO LC500の一騎打ちに収れんしていった。タイヤの特性か、23号車がタイヤ交換直後からハイペースで走るのに対して、38号車はスティントの序盤は我慢を強いられながら、中盤以降はペースが上回る。この展開で2スティント目と3スティント目が展開されたが、レースも終盤となった99周目の1コーナーで38号車の立川が23号車のクインタレッリをパス。その後も立川はクインタレッリをジワジワ引き離していき、2年ぶりの優勝を飾ることになった。SUPER GT 2019 富士 決勝レポート GT500 GT300

 2位でチェッカーを受けたクインタレッリは、2戦連続の2位入賞でランキングトップに。3位にはNo.1 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が入り、LEXUSとNISSAN、そしてHondaの3メイクスが表彰台を分け合うことになった。SUPER GT 2019 富士 決勝レポート GT500 GT300


画像ギャラリー