スズキ・エブリィ&エブリィワゴンが一部改良! 衝突被害軽減システム搭載で安全性を向上

スズキ・エブリィ&エブリィワゴンが一部改良! 衝突被害軽減システム搭載で安全性を向上

スズキ セーフティ サポートの機能を充実

 スズキのエブリイとエブリイワゴンが安全装備を充実させるなどの一部仕様変更を実施した。今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキのデュアルカメラブレーキサポートに加え、軽キャブバンおよび軽キャブワゴンで初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキを備え、スズキ セーフティ サポートの機能を充実させた。

 エブリイ&エブリイワゴンは、軽自動車ながら居住性に優れており、実用性についてもホンダN-BOXやダイハツ・タントといったスーパーハイトワゴンを凌ぐ実力を持つ。軽商用車がベースとなっているため荷室の広さは軽自動車クラストップレベルで、積載性が極めて高い。そのうえ後席を床面へ落とし込むようにたたむと、大人2名が就寝できるほどの広い空間にアレンジできる。したがって、自転車のような大きな荷物が余裕をもって積めたり、車内で作業をしたり、さらにアウトドアレジャーの相棒としても適している。スズキ・エブリィ&エブリィワゴンが一部改良

 そんなエブリイ&エブリイワゴンが仕様変更を実施したわけだが、今回はデュアルカメラブレーキサポートに加え、軽キャブバン/軽キャブワゴンとしては初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキを採用し、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた。これらの機能をエブリイワゴンに標準装備し、軽商用車のエブリイもJOIN、JOINターボ(5速MT車除く)に標準装備したほか、メーカーオプション設定機種を増やしている。スズキ・エブリィ&エブリィワゴンが一部改良

 これにより、エブリイワゴンは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」に該当するほか、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」にも該当する。

 また、エブリイ PA、PAリミテッドにオーバーヘッドシェルフを採用。実用面でもバージョンアップを図っている。

 日常的な用途はもちろん、ビジネスやレジャーにも頼もしく応えてくれる実力派の軽自動車だが、安全装備が充実したことでこれまで以上に魅力的な選択肢となった。家族や友人と遠出するときでも安心かつ安全なドライブを提供して


画像ギャラリー