全5色で展開! アルト生誕40周年記念の特別仕様車「Lリミテッド」が登場

全5色で展開! アルト生誕40周年記念の特別仕様車「Lリミテッド」が登場

国内最多の通算514万台を販売

 スズキは6月13日、軽自動車のアルトが初代の誕生から40年を迎えたのを記念して、40周年記念特別仕様車「Lリミテッド」を発売した。

 1979年5月に登場した初代アルトの広告コピー「アルト47万円」が与えたインパクトは、計り知れないほど大きかった。当時ライバルだった乗用車の軽自動車は60万円を超えるプライスタグが付いていたからだ。スズキ・アルト40周年記念車

 さらにアルトは商用車としたことで、当時乗用車のみに課税されていた15%以上の物品税を免れたため、爆発的にヒットした。その後も長く愛され続け、現在は2014年にデビューした8代目。累計でスズキ車では国内最多の514万台を販売している。スズキ・アルト40周年記念車

 今回リリースされた「Lリミテッド」は、最量販グレード「L」のスズキ セーフティサポート装着車をベースに、装備を充実させながらもコストパフォーマンスに優れる内容に仕立てられた。インテリアはブラック基調の落ち着いたデザインで、「40th Anniversary」の専用エンブレムをバックドアに採用して特別感を演出。ボディカラーは特別設定の鮮やかなブリスクブルーメタリックなど、全5色だ。スズキ・アルト40周年記念車

 昨今ニュースで話題となることの多い予防安全デバイスとしては、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキのデュアルセンサーブレーキサポートや、後退時の衝突被害を軽減する後退時ブレーキサポートなどを標準装備。経済産業省や国土交通省が普及を推進する「サポカーSワイド、並びに国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。スズキ・アルト40周年記念車

 税込の車両価格は95万5800円(2WD)と106万3800円(4WD)で、これはベース車(スズキ セーフティサポート装着車)より2160円(2WD)と4320円(4WD)高いだけ。特別装備などを考えると、きわめてリーズナブルな価格設定だ。またディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付き)は5万4000円(税込、以下同)、CDプレーヤーは1万800円、ピュアホワイトパール塗装は2万1600円で、メーカーオプションとして用意されている。

アルト40周年記念特別仕様車「Lリミテッド」の特別装備

(ベース車:L スズキ セーフティサポート装着車)

快適装備

・ 電動格納式リモコンドアミラー

・ カラードドアミラー

・ ヒーテッドドアミラー(4WD車)

・ スモークガラス(リヤドア、バックドア)

・ UVカット機能付きガラス(全面)※4

※4:ベース車はフロントとフロントドアに装備

専用装備

・ インパネカラーパネル(ブラック)

・ ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)

・ エアコンサイドルーバーリング(サテンメッキ調]

・ エアコンセンタールーバー(サテンメッキ調)

・ メッキインサイドドアハンドル

・ 専用エンブレム「40th Anniversary」(バックドア)

アルトの歴史

1979年5月     初代アルト発売

1984年9月     2代目アルト発売。日本初の回転ドライバーズシート採用

1985年6月     国内販売累計100万台を達成

1987年2月     初代アルトワークス発売。軽自動車初のツインカムターボエンジン搭載

1988年9月     3代目アルト、2代目アルトワークス発売

1989年7月     国内販売累計200万台達成

1994年8月     国内販売累計300万台達成

1994年11月    4代目アルト、3代目アルトワークス発売

1998年10月    5代目アルト、4代目アルトワークス発売    

2003年3月     国内販売累計400万台達成

2004年9月     6代目アルト発売

2009年5月     アルト誕生30年記念車発売

2009年12月    7代目アルト発売

2011年12月    アルト エコ発売

2014年12月    8代目アルト発売 JC08モード燃費37.0km/Lを達成

2015年3月     アルトターボRS発売

2015年12月    5代目アルトワークス発売

2016年12月    国内累計販売台数500万台達成

2019年6月     アルト誕生40周年特別仕様車発売


画像ギャラリー