【SUPER GT Rd.5 富士500マイル】上位3位にトヨタ、ホンダ、日産そろい踏み! 勝負行方を分けたピットタイミング (1/3ページ)

【SUPER GT Rd.5 富士500マイル】上位3位にトヨタ、ホンダ、日産そろい踏み! 勝負行方を分けたピットタイミング

長丁場レースでミスをしない重要性

 通常は300km以下のレース距離で争われるSUPER GTだが、富士スピードウェイ(静岡県)での2戦はレース距離が長い。特に今回の第5戦は500マイル(約800km)とシリーズ屈指の長丁場。気温、路面温度、そして湿度も高く、ドライバーやマシン、チームスタッフ全員にとってタフなレースとなった。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士500マイルの決勝レース結果

 公式サイトやモータースポーツ専門サイトで報じられているように、GT500クラスは、「No.6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/山下健太組)」が前戦のタイに続いて2連勝を飾った。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士500マイルの決勝レース結果

 そしてGT300クラスでは、「No.87 T-DASH ランボルギーニ GT3(高橋翼/アンドレ・クート/藤波清斗組)」が嬉しい今季初優勝を飾っている。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士500マイルの決勝レース結果

 詳しく結果を見てみると、GT500は6号車に続いてNo.1 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組とNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生/ロニー・クインタレッリ組が2~3位で表彰台を獲得。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士500マイルの決勝レース結果

 LEXUS LC500が勢いを持続させて連勝記録を4に伸ばす一方で、3メイクスが表彰台を分け合い、Honda NSX勢とNissan GT-R勢の後半戦にかけての反撃も期待できる。まるでシナリオ通り、予定調和を絵に描いたような結果となった。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士500マイルの決勝レース結果

 一方のGT300クラスは本命と目されたチームが様々なハプニングで後退するなか、2位が開幕戦の3位以来2度目の表彰台となるNo.52 埼玉トヨペットGBマークX MCの脇阪薫一/吉田広樹組、3位には昨年から参戦を開始、今回がチームベストを更新したNo.34 Modulo KENWOOD NSX GT3の道上龍/大津弘樹組が続いた。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士500マイルの決勝レース結果

 メーカー系のトップチームが名を連ねたGT500にくらべると、GT300で表彰台に上ったメンバーの顔触れは新鮮そのもの。しかし上位から外国製のFIA-GT3、日本固有のマザーシャシー、そして外国製だが国内ブランドのFIA-GT3と、こちらも予定調和のように見ることもできる。だが、これはあくまでも偶然の産物でしかない。

 


画像ギャラリー