軽トラでも安全装備はピカイチ! スズキ・キャリイが一部仕様を変更

軽トラでも安全装備はピカイチ! スズキ・キャリイが一部仕様を変更

軽トラ初となる夜間歩行者検知に対応

 スズキは、軽トラックのキャリイを一部仕様変更して発売を開始した。最大のトピックは、軽トラックとしては初となる夜間歩行者検知に対応した「衝突被害軽減ブレーキ」の採用。2018年にダイハツのハイゼットトラックが、衝突回避支援システムの”スマートアシストIIIt”を装備し、安全性の向上を図ったことを意識してか、スズキはさらなる機能をプラスすることで、ライバルに差をつけてきた。

 ダイハツの軽自動車が進化すれば、スズキも黙ってはいない。機能や性能の向上を図ることはもちろんだが、一歩先を行く改良を実施しているあたりが注目すべきポイントと言える。衝突被害軽減ブレーキの搭載して進化したスズキのキャリイ

 キャリイに施された一部仕様変更は、安全面での機能向上が大きな目玉。衝突被害軽減ブレーキの「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し、軽トラックでは初めて夜間の歩行者の検知を可能にしている。しかも、こちらも軽トラックでは唯一搭載している前後の誤発進抑制機能に加え、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなども新たに採用することで、スズキの予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた。衝突被害軽減ブレーキの搭載して進化したスズキのキャリイ

 こうした最新の安全装備は、KX、スーパーキャリイ、特別仕様車のKCスペシャル、さらに農繁スペシャルに標準装備となる。これにより、キャリイは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」に該当。なお、スズキ セーフティ サポートは、KC パワステ/KC パワステ農繁仕様/KC エアコン・パワステ/KC エアコン・パワステ農繁仕様には、メーカーオプションで装着が可能だ。衝突被害軽減ブレーキの搭載して進化したスズキのキャリイ

 このほかにも、ボディカラーに「クールカーキパールメタリック」を新設。内外装についても、KXはフォグランプベゼルをメッキに変更し、ヒーターコントロールパネルがダイヤル式に変更されている(全車)。


画像ギャラリー