なぜいま「アゲ」なのか? 知られざる「軽トラ」リフトアップのメリットとは (1/2ページ)

なぜいま「アゲ」なのか? 知られざる「軽トラ」リフトアップのメリットとは

SUVだけじゃない! 軽トラもリフトアップする時代

 SUVの流行と共に注目度が高まっているリフトアップ系のカスタマイズ。ジムニー、デリカ、ランクル&プラドなどのクロカン四駆はもちろん、ハスラーやロッキー/ライズ、C-HRといったシティ派SUVでリフトアップを楽しむユーザーも増えてきた。そして軽トラの世界でも、ここ数年で「アゲ」の文化が確立された感がある。

軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 軽トラといえば「働くクルマ」だが、だからこそリフトアップとは相性がいい。段差や不整地などに弱くなるローダウンと違い、走行に支障が出るケースは少ないからだ。むしろ、車高アップのメリットが仕事の場で生きてくることもある。兵庫県の軽トラカスタムショップ・但東自動車の岩出代表はこう語る。

「当店に来られるお客様は、カスタムを楽しみたい方だけでなく、『仕事で使うためにリフトアップして欲しい』という方も沢山おられます。具体的には狩猟関係が多いですね。山深く入って行くにはノーマル車高では難しい。そこで3~5センチくらいリフトアップし、大きめのタイヤを履かせることで走破性能を高めるわけです」。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 もちろんスタイリング重視でリフトアップするのも良し。アウトドア系のカスタムでは、車高&タイヤ外径のアップは定番のメニューだ。こうした「アゲトラ」にはデメリットもある(後述)のだが、その辺を飲み込めるならカスタマイズの可能性はグッと広がる。「趣味クルマとして軽トラのリフトアップ仕様を作りたい」「仕事で毎日のように乗る軽トラだからイジってみたい」と思える人は、検討してみてはいかがだろうか。

30ミリの「ちょいアゲ」なら比較的お手軽にやれる

 現行の軽トラはスズキ・キャリイ、ダイハツ・ハイゼット、ホンダ・アクティの3種類。今回はカスタムベースとして人気の高いDA16TキャリイとS500Pハイゼットに絞って話を進める。なお、ミツビシ・ミニキャブトラック、マツダ・スクラムトラック、ニッサン・NT100クリッパーはキャリイのOEM、スバル・サンバートラック、トヨタ・ピクシストラックはハイゼットのOEMなので、それぞれ同一車として考えてもらいたい。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 リフトアップの方法だが、どれくらい上げるかによってやり方が変わる。初心者にもオススメなのが、約30ミリアップの「ちょいアゲ」。比較的低コストで済み、構造・記載変更といった手続きも不要なのがメリット。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

ちょいアゲのやり方は、

(1)フロントは少し長め&硬めのスプリングに交換
(2)リアはホーシングとリーフスプリングの間にブロックを挟み込む
というのが王道。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 前後のショックアブソーバー、リアのリーフスプリング、ブレーキホースなどは純正をそのまま流用する。参考までに但東自動車で用意しているS500P系ハイゼット用の30ミリリフトアップキットの場合、価格は税別3万9000円。これに作業工賃を含めると約7万円のコストで取り付けられる。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 またフロントについては、「ストラットにスペーサーを追加する」「ロングストローク仕様の車高調に交換する」というやり方もあり。後者はコストが少し高くつくが、乗り心地を追求したり、車高を微調整したい人にオススメだ。

2インチ(約5センチ)以上のアゲは上級者向け

 30ミリでは物足りないという人は、2~4インチ(約5~10センチ)アップに挑むのもいいだろう。ただし、リフトアップするためのパーツが増え、取り付けにも専門的な技術が必要になる。よってコストは総じて高くなるし、構造変更も必須だ。

軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

やり方は、
(1)フロントはスペーサー追加orロング仕様の車高調に交換
(2)リアはブロック+ショックにスペーサーを使用
が主流。リアのショックはロングストローク仕様に交換するケースもある。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 これだけ見るとちょいアゲとあまり変わりないように思えるが、2インチ以上のリフトアップになると、ドライブシャフトやプロペラシャフトに大きく角度が付き、不具合が発生する(“ペラ鳴き”と呼ばれる症状)。そこでエンジンやミッションなどの位置を調整する必要が出てくる。これを「メンバーダウン」といい、具体的には腹下の各部にスペーサーやブロックを挟み込んで対応する。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 さらにプロペラシャフトの長さも不足するため、延長ブラケットで補ったり、リアのブロックの形状を工夫してデフの角度を調整するといった対策もいる。ステアリングシャフトも延長しないといけないし、フロントはキャンバー角も狂うので要補正と、なかなか大変。軽トラックのリフトアップ仕様「アゲトラ」の作り方やメリット・デメリットを紹介する画像はこちら

 参考コストは工賃込みで12万円~。リフトアップ量が大きいほどパーツ代も掛かるので高くつく。フロントは車高調に交換、リアのショックも交換となると、20万円は軽く超えてくるだろう。

画像ギャラリー