「コスモスポーツ」や「ベントレー」が北海道を1000キロ爆走! 「トロフェオ・タッツィオ・ヌボラーリ」3日間同行レポート (1/3ページ)

「コスモスポーツ」や「ベントレー」が北海道を1000キロ爆走! 「トロフェオ・タッツィオ・ヌボラーリ」3日間同行レポート

新型コロナの感染防止策を徹底し開催へ

「レースの世界で世界初の四輪ドリフト」テクニックを編み出したのが、伝説のイタリア人ドライバーであるタッツィオ・ヌボラーリだ。1930年代初頭にエンツォ・フェラーリ率いる(!)アルファロメオのワークスドライバーとして起用され、マセラティやアウトユニオン、チシタリアなどでも活躍。その伝説のドライバーの名を正式に冠して2000年から北海道で行われているのが「トロフェオ(杯)タッツィオ・ヌボラーリ」(以下TTN)だ。

 今年はTTN開催20年目という節目で当初は大々的に開催を予定していたが、コロナ禍ということを鑑み開催規模を縮小した。検温や消毒、参加者同士のソーシャルディスタンスの確保、パーティ形式での食事会は開催せず昼間も仕出し対応とするなど感染防止策を徹底。参加者同士のソーシャルディスタンスの確保をしながらドライバーズミーティングを行う

 一方、北海道の雄大な景観を体験できる道東コースを中心に組むツアーとなり、2泊3日で1000キロ以上を走るタフなラリーとしてなんとか開催にこぎつけた。そして今回、ヌボラーリと縁浅からぬメーカーから2台のオフィシャルカーが提供された。

 アルファロメオ/フィアット/アバルト/JEEPなどのインポーターとなっているFCAジャパンから、ともに3リッターV6ツインターボから510馬力のパワーユニットを搭載するアルファロメオ ジュリア クアドリフォリオとアルファロメオ ステルビオ クアドリフォリオの2台がイベント用に貸し出されたのである。トランスウェブの敷地内で撮影を行ったアルファロメオジュリアとステルビオのクアドリフォリオ

画像ギャラリー