「免許不要」で「小学生」もOK! アウトドア派注目の遊び「レンタルバギー」が面白すぎた (1/2ページ)

「免許不要」で「小学生」もOK! アウトドア派注目の遊び「レンタルバギー」が面白すぎた

手ぶらで楽しめる話題のアクティビティ

 クルマ好きもアウトドア好きも楽しめるアクティビティとして、全国各地で人気が沸騰している4輪バギーのレンタル。マシンを手足のように操る面白さに加え、自分のクルマじゃ到底ムリな道なき道を走る爽快感、自然の中を駆け抜けながら出会える美しい風景や季節の移ろいなど、4輪バギーならではの魅力を紹介しよう。全国各地で人気が沸騰している4輪バギーのレンタル画像はこちら

丁寧な運転レクチャー付きで安心

 まず初めに4輪バギーとはどんな乗り物かを解説したい。レンタルで使用されるのはパワーが大きすぎない50ccが多く、未舗装路に適したマッドタイヤを装着している。走破性が高く泥でぬかるんだ道や激しい凹凸をモノともせず、操作はクルマやバイクに乗ったことがない人もできるくらいカンタン。数年前からレンタルのサービスが流行りはじめ、昨今のアウトドア熱でますます人気が高まってきた。レンタルで使用される4輪バギーは50ccが多い画像はこちら

 今回の取材先、宮城県仙台市で4輪バギーとミニジープのレンタルを手がける「DREAM ON(ドリオン!)」は、森を切り拓いて作ったジャングルのような専用コースを走ったり、スキー場のゲレンデを駆け上がって壮大な景色を眺めるなど、運転以外の楽しさもたっぷり味わうことができる。自然の中を走り運転以外の楽しさもたっぷり味わえる画像はこちら

 代表の姉崎サンによると「この秋で4年目を迎えます。近隣はもちろん関東や北海道など遠くから来られる方も多く、特に新緑や紅葉のシーズンは人気が高いですね」とのこと。使用しているバギーは定番の50ccで海外製、ただし組み立て精度がイマイチで、真っ直ぐ走らない車両も多いという。姉崎さんの本業は自動車整備工場の経営なので、納車されたらすべてバラバラに分解してから組み直し。正しく操縦しても車両の問題でマトモに走れなければ、危険な上、お客さんも楽しめないだろうとの配慮だ。「DREAM ON」代表の姉崎サン画像はこちら

 もうひとつは走行前の入念なレクチャー。ひとりひとりクルマやバイクの経験を確認したうえで、初めてのユーザーには基本的な操作方法から安全に走らせるコツ、トラブルが起きたときの対処法まで丁寧に教えてくれる。それが終わると発進と停止および曲がり方の実技講習、さらに砂利の広場に移動しスピードを上げての練習と続く。4輪バギーで走行する前に入念なレクチャーが行なわれる画像はこちら

画像ギャラリー