昭和オヤジの「腕」を磨き「財布」を空に! 独断と偏見で選ぶ80&90年代の「国産激速ハッチ」トップ10 (1/3ページ)

昭和オヤジの「腕」を磨き「財布」を空に! 独断と偏見で選ぶ80&90年代の「国産激速ハッチ」トップ10

ハイパワー2ボックスカーがたどってきた熱狂クルマ時代

 1980年代から1990年代にかけ、2ボックスカー全盛の時代にヤング層を魅了した走りの「ホッチハッチ」。各メーカーがリリースする2ボックスカーには、例外なくハイパワーエンジンを搭載したホットハッチが用意されていた。これら印象に残るホットハッチのなかから、独断と偏見でベスト10を選んでみた。

 ところで、独断と偏見と前置きしたのは、時代の流れとともに性能の絶対値が向上し、現役当時は目立った性能だったモデルが、何年か経て振り返ってみると、とくに大した性能でもない場合が起こり得ているからだ。基準はあくまで新車発表時、その時代のなかで熱い走りを感じさせたモデルという選択基準だ。

【第10位:三菱・ミラージュII 】

 第10位は、やはりホットハッチの先鞭をつけた三菱ミラージュIIターボを挙げるべきだろう。ミラージュ自体も1978年に登場した日本車2ボックスハッチバックの先駆けだったが、マイナーチェンジを受けた1982年、1.4リッターエンジンにターボを装着したモデルを発表。なんとキャブレターターボで、まだ過給制御も初歩的なものだったことはいたしかたないが、パワーは105psと1.4リッターモデルとしては破格。不用意にアクセルを踏み込もうものならジャジャ馬ぶりを発揮。ハイパワーFFとはこんなにも荒っぽいのか、と痛感させられた。

【関連記事】「シロッコ」「ジェッタ」「ヴェント」! VWゴルフの「助っ人車種」を貴重なカタログで振り返る

三菱ミラージュIIターボ画像はこちら

【第9位:ダイハツ・シャレード926ターボ】

 第9位は、ダイハツ・シャレード926ターボ。3気筒エンジンのリッターカーとして斬新な技術が評判となったシャレードのターボモデルだ。シャレードの標準エンジンは993ccのCB型だったが、926はこのエンジンの排気量を926ccに引き下げたCE型エンジンを開発して搭載。ターボ係数1.4を掛けて1300cc以下に収まるよう作られた競技ベース車だったのだ。パワーは76psと目立った数値ではなかったが、スポーツチューンで大幅な性能向上が見込めるサラブレッドで、排気量がそのまま車両名となった限定車だった。シャレード926ターボ画像はこちら

【第8位:マツダ・ファミリアターボ】

 第8位は、マツダ・ファミリアターボ。FRからFFに変身を遂げた初代FFファミリア(BD型)のターボモデルだ。BD型自体の登場は1980年。その後この1.5リッターはEGI化されて95psに(1983年1月)、さらにターボを装着して115psとしたモデルが追加(1983年6月)された。EGI仕様のモデルでも十分パワフルだったが、ターボとなって動力性能は大幅に向上。しかし、シャシー性能(サスペンションバランス)に優れ、危なっかしさを感じさせない優れたモデルだった。ファミリアターボ画像はこちら

【第7位:シティ・ターボ&ターボII(ブルドッグ)】

 第7位は、初代シティ・ターボとターボII(ブルドッグ)。その名のとおり、もともとシティ派の足グルマとして企画された1.2リッター(67ps)のシティに、ターボを装着して100psとしたモデル(1982年)だった。昭和の日本の若者にクルマの走りの楽しさを与えてくれたホットハッチ車トップ10

 しかし、NAエンジンでもギリギリだったシャシー性能は、ターボエンジンの搭載で完全にエンジンパワーが上回ることに。さらに1年を経た1983年にはインタークーラーを装着して110psにバワーアップしたターボIIを投入。ある意味、ジャジャ馬の極地のようなクルマで、そのハンドリングはスーパーホットだった。

画像ギャラリー