帰路の「トラブル」に要注意! サーキットを走った後に確認すべき愛車の「チェックポイント」3つ (1/2ページ)

帰路の「トラブル」に要注意! サーキットを走った後に確認すべき愛車の「チェックポイント」3つ

大事なのは安全に帰れるかどうか

 クルマに負担のかかるサーキット走行。走る前のメンテナンスには気を使う人が多いけど、走行後のチェックになると、走りきった充実感でつい忘れがち。トラブルに繋がりかねない予兆を見逃さず、安全にモータースポーツを楽しみたい。

走行後はタイヤの傷や空気圧をチェック

 まずは地面と接している唯一の部分、タイヤの確認すべきポイントについて。誰でも思い付くし分かりやすいのは残量だが、異物を噛み込んでいたり刺さったりしていないか、サイドウォールに傷がないかも忘れずにチェックしたい。

【関連記事】鈴鹿や富士だけにあらず! 意外に多い「ミニサーキット」は良くも悪くも「ナメちゃ」ダメ

サーキットの走行後はタイヤの状況を確認することで、帰宅時のトラブルを防ぐことができる画像はこちら

 特にコースアウトしたときは車両にダメージがないと感じても、一度ピットに戻ってタイヤや足まわりを点検するのがマナーであり、自分だけでなく他人をトラブルに巻き込まないことにも繋がる。さらにすべての走行を終えたら空気圧の再調整も必須だ。コースアウトをしたときは、必ず石が泥を水で流した方が良い画像はこちら

 サーキット専用のタイヤを使うなら話は別だが、多くの人は普段乗りも同じタイヤ。そのため走行の直前にサーキット仕様にすべく、空気圧を多少なりとも下げているはず。一般道ではサーキットのように空気圧が上がらないので、帰る前にメーカー指定の数値に戻しておくのが望ましい。空気圧が低すぎると乗り心地や燃費の悪化、ロードノイズが大きいなどの弊害があるので要注意。走行後はかならず指定の空気圧に戻すことも忘れずに行いたい画像はこちら

画像ギャラリー