レースに出なくても買い! 走りを楽しむならヤリス「カップカー」が最高だった (1/2ページ)

レースに出なくても買い! 走りを楽しむならヤリス「カップカー」が最高だった

いよいよスタートするワンメイクレースとその競技車両

 少々旧聞となるが、昨年(2020年)12月に「TRA(トヨタ・レースカーズ・アソシエーション)」が今シーズンからのナンバー付のヤリスによるワンメイクレースである「ヤリスカップ」の開始と、そのベース車となる「ヤリスカップカー」を発表した。2021年6月5日(土)の初戦を前に、その競技車両について紹介したい。ヤリスカップカーの「ベース車両」と「レース車両」

人気だったヴィッツレースが前身

 まず、ヤリスカップは日本初のJAF公認ナンバー付車両によるスプリントのワンメイクレースとして2000年に始まった「トヨタガズーレーシング・ネッツカップ・ヴィッツレース(以下ヴィッツレース)」を、ヴィッツが後継車となるヤリスにフルモデルチェンジされたことに伴いリニューアルしたものである。ヴィッツレースのベース車両「GRヴィッツ」

 ヴィッツレースはベース車に工場出荷状態からロールバーなどが組み込まれたヴィッツを使い、決められた部分のみ指定部品に交換できるというもので、改造範囲は非常に狭かった。また参戦車両が普段も使えるナンバー付のヴィッツということもあり、比較的ローコストながらドライバーのテクニックの差を中心とした接戦のレースが多く、そのような理由から非常に多くのエントラントを集めたレースだった。「GRヴィッツ」のロールケージ

画像ギャラリー