「マクラーレン」の量産ハイブリッド・モデル登場! 「0~100km/h」を3秒で駆け抜ける「アルトゥーラ」の全容 (1/2ページ)

「マクラーレン」の量産ハイブリッド・モデル登場! 「0~100km/h」を3秒で駆け抜ける「アルトゥーラ」の全容

マクラーレン初の量産プラグインハイブリッドモデル

 F1GPに参戦を続ける一方で、スーパースポーツカーのメーカーとしても知られるマクラーレン。新たに登場したアルトゥーラ(Arture)を発表しました。早速その中身を紹介していきましょう。

 発表会ではF1GPドライバーとして新たにチームに加わったダニエル・リカルドがブランズハッチ・サーキットでアルトゥーラをドライブする映像が配信されるなど、マクラーレンならではのプロモーション展開となっています。

【関連記事】「日本一速い男」が激白! 「ホシノインパル」の誕生と苦境からの逆転劇

アルトゥーラを運転するダニエル・リカルド画像はこちら

 映像の中でリカルドは、ドリフトを駆使して自在にアルトゥーラを操りながらサーキットを周回した後、ホームストレートでは完全なEV走行に切り替え「これが一番好きなところ」とコメント。そして「凄いだろう、この静寂」と笑顔で語っています。

 アルトゥーラは2012年に登場したマクラーレンP1、19年にリリースされたスピードテールに続くハイパフォーマンス・ハイブリッド・スポーツの第3弾。そして同社初の量産プラグインハイブリッド(PHEV)モデルです。カーボンニュートラルに向けて大きく加速しているトレンドに則ったモデルということになります。マクラーレン・アルトゥーラのリアビュー画像はこちら

 メカニズム的にはカーボンファイバーで成形されたモノコックに、アルミニウムで成形されたフロントのクラッシュビームと、同じくアルミニウム製のリアサブフレームを組み合わせたシャシー。

 そして電動化や自動運転などを進めるうえで多くのメーカーにも採用されるようになった、ドメインと呼ばれる機能別領域ごとにECUを束ね、ドメインコントローラーで各ECU間の通信や協調性行を行う“ドメイン集約型アーキテクチャー”を核とする全く新しいマクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)が大きなポイントとなっています。マクラーレン・アルトゥーラのカーボンシャシー画像はこちら

 このMCLAは、今後のマクラーレン製品の基盤となる技術であり、それを使用する第1弾がこのアルトゥーラということになります。ハイブリッドのパワーユニットを使用するだけでなく、こうした最新のアーキテクチャーを使用することからも、アルトゥーラが新世代のスーパースポーツと呼ぶに相応しい1台ということになります。マクラーレン・アルトゥーラのフロントビュー画像はこちら

0~100km/hの加速は3秒ジャスト

 パワーユニットは、M630と呼ばれる新型の3リッターV6ツインターボのガソリンエンジンとアキシャル・フラックスEモーターを組み合わせたもので、それぞれ585PSと95PSの出力を生みだす。ユニットとしての最高出力は680PSとなり、0~100km/hの加速がジャスト3秒という、猛烈なパフォーマンスを実現しています。

【関連記事】「日本一速い男」が激白! 「ホシノインパル」の誕生と苦境からの逆転劇

マクラーレン・アルトゥーラのエンジン画像はこちら

 エンジンに加えてモーターもミッドシップに搭載し、シンプルに後輪をドライブする駆動レイアウトとなっていますが、8速のツインクラッチトランスミッションに、マクラーレンとしては初となる電子制御ディファレンシャル(eデフ)を採用、左右のドライブシャフトに配分するトルクを精密に制御しています。マクラーレン・アルトゥーラのモーターとエンジンの配置図画像はこちら

 サスペンションは、基本的には前後ともにダブルウィッシュボーン式ですが、リアのロワアームにはマルチリンクを採用。そもそも、こうしたスーパースポーツやレーシングカーでは、ジオメトリーの設計の自由度が高いことを理由にダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用しているケースが多いのですが、アルトゥーラでもまたホイールセンター前方のタイロッド(トーコントロールアーム)やアップライトの位置を最適化することなどによって、思い通りのジオメトリーを実現しているのです。マクラーレン・アルトゥーラの走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー